テーマ銘柄

【日本株】NFTの基礎と関連企業(銘柄)を高額取引事例から学ぶ

NFT 日本株

NFT市場が世界各国で活況です2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大から、個人投資家の仮想通貨取引が拡大し、世界中で億万長者が誕生したと言われています。

そこで仮想通貨の取引に使われている「ブロックチェーン技術」を活用した NFT にも大きな注目が集まっています。

そこで本記事では、NFTの基本的概要と関連企業(銘柄)を紹介します。

近年はNFT市場への参入を発表する企業が増えており、今後も人気テーマとなる可能性を秘めています。

本記事の内容

・NFTとはどういうもの?
・NFTの関連企業はどこ?
・今後の注目ポイントとは?

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券 

NFTとはなにか?

NFT(Non-Fungible Token)

まず、NFTの概要から見ていきましょう。

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称です。

ブロックチェーン技術を活用したデジタル上のデータを指しており、日本では非代替性トークンとも呼ばれることもあります。

NFTは仮想通貨と同様にブロックチェーン技術が活用されています。

そのため、コピーや改ざんなど不正利用が困難となっており、商品価値が担保されているのです。

簡単に言えば、鑑定書や所有証明書のような存在ですね。

NFTの仕組みは、大きく分けて3つ挙げられます。

  1. 唯一無二である証明ができる
  2. データを改ざんできない
  3. さまざまな情報を記録できる

NFTと暗号資産の違いについて

NFTと暗号資産

NFTは仮想通貨と同様にブロックチェーン技術が活用されています。

しかし、NFTと暗号資産は似ている点も多いのですが、図にしてみると違いがよくわかります。

NFT(証明書)FT(暗号資産)
代替性代替不可能代替可能
移動可能性譲渡可能譲渡可能
分割性分割不可能分割可能

日本はアメリカに次いで、ゲームやアニメの知的財産を保有している「コンテンツ大国」になります。

そのため、主にゲーム分野での活用などが大いに期待されています。

NFTの活用例と高額取引

NFTの活用例について

NFTの活用例には、デジタルアートやバーチャル不動産、SNSのデジタルデータなどが対象となり、すでに高額取引を実現している日本人も多くいます。

このようなデジタル作品のNFTは、唯一無二のコンテンツです。

NFTは非代替性トークンと言われるように、世界に唯一無二であることを証明する必要があります。

仮に製作者が公式にコンテンツをアップする場合、NFTがなければ公式なのか、違法なのか受け手は判別することが出来ません。

つまり、NFTでは製作者が署名することでファイルが公式なものだと証明しています

バンビーノ
バンビーノ
これなら悪意のある第三者からデータを改ざんされたりする心配もないね。

バーチャルスニーカー「AIR SMOKE1 」

バーチャルスニーカー「AIR SMOKE 1」
取引額:約125万円

AIヒューマン事業等を手がける株式会社1SEC が、2021年4月22日にNFTマーケットプレイスにてバーチャルスニーカーをオークション形式で販売しました。本製品は開始9分後には完売、落札額は約125万円でした。

NFTアート「上原 亜衣」

NFTアート「上原 亜衣」
取引金額:約600万円
元セクシー女優の上原 亜衣さんがNFTマーケットプレイスで出品したNFTアートです。本製品もすぐに完売し、初回の落札額は約600万円でした。

ジャック・ドーシーの初ツイート

ジャック・ドーシーの初ツイート
取引額:約3億1,650万円
Twitterの創業者であるジャック・ドーシーが、Twitterでの初投稿をNFT化し販売しました。Valuableにて約3億1,650万円で落札されています。

  • NFTは、世界で唯一無二のデジタルコンテンツ
  • アートや不動産、SNSなど豊富なジャンル
  • データの改竄やコピーが困難である



NFT関連銘柄 日本株一覧

それでは、NFT関連銘柄として注目が集まる企業を紹介します。

NFT 関連銘柄 一覧表

証券コード企業名一言コメント
2437Shinwa Wide HD美術品アート最大手
3121マーチャント・バンカーズ子会社がNFTプラットフォーム運営
3672オルトプラスLINEと共同でゲーム開発
3678メディアドゥNFT デジタル付録
3696セレスエンタメ特化 NFT 「パレット」
3758アエリア音楽専門のNFTマーケットプレイス運営
3903gumiデジタルシールより参入
3912モバイルファクトリーNFTマーケット「ユニマ」
4385メルカリメルコインからNFT参入
4446Link-Uエンタメ特化 NFT運営
8698マネックスグループコインチェックがNFT連携
9684スクウェア・エニックス HDデジタルシールよりNFT市場参入

NFTが主力事業となっている企業は上場企業では少ないたね、今後は特化型NFTが増えてくることが予測されます。

テーマ株としてはまだ未成熟ですが、1つのニュースで大きく動く可能性が高い関連銘柄といえるでしょう。

今後の注目ポイントについて

今後のNFTは「キャラクター」が鍵を握ると考えています。

  1. キャラクターは絶大な人気がある
  2. 生み出せるコンテンツが桁違い
  3. 他社とのコラボもしやすい

などの理由から豊富なコンテンツが出てくることが予想されます。

現在、グローバル人気の高いキャラクターコンテンツを持つ企業といえば、任天堂(7974)セガサミー(6460)オリエンタルランド(4661)などが長期的な人気コンテンツを保有している企業になります。

おすすめのNFT 関連銘柄3選

私が注目するNFT関連銘柄 3選は以下の通りです。

メディアドゥ【3678】

メディアドゥ-公式HP(出典:メディアドゥ 公式HPより)

メディアドゥ(3678)NFTを活用した「デジタル付録」やファンアイテムを扱う「FanTop」の提供を行なっています。

現在はKADOKAWA、講談社、集英社、小学館などの大手出版社とNFT活用について挑戦中です。

NFTが活用されたコレクションは、唯一無二の価値としてコレクターが喉から手が出るほど欲しい物として、価値の向上が望めます。

今後は全国の書店やイベントでのコラボなど、認知拡大をどう行うのか注目したいです。

【投資格言】落ちるナイフは掴むな
急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言になります。
(引用元:野村證券 証券用語解説集)

メルカリ【4385】

メルカリメルカリ(4385)はフリマサイト運営の最大手企業です。

コロナ禍で在宅需要が拡大したことを背景に、お年寄りの方など新しい層の取り込みに成功しました。

2021年4月にはブロックチェーン技術の企画・開発を行う新会社「メルコイン」を立ち上げています。

NFT活用は2次流通における「偽物」の撲滅に繋がりますので、同社の成長にとって、NFTは欠かせないピースと言えるのではないでしょうか。

また、メルカリは「後払いサービス」や「キャッシュレス」事業にも積極的です。

金融サービス以外にも物流への参入が予定されていくことから、メルカリ経済圏はさらに拡大していくことでしょう。

マネックスグループ【8698】

マネックスグループ(8698)は子会社が仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」を運営しています。

最近はYouTubeでも広告の表示回数が増えているので、名前だけでも知っている方は多いのではないでしょうか。

NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」では、ゲームやトレーディングカードが取り扱いされており、今後はアートやスポーツ分野にも拡大していく予定となっています。

今回、おすすめ銘柄として紹介していますが、同社は仮想通貨の価格変動に影響を受けやすい特徴があります。

そのため、他の金融銘柄と連動しにくいので、日々の値動きに注意して売買するように心がけましょう。

まとめ

2021年に入ってからNFT事業への新規参入が増えています。

しかし、NFT関連銘柄は仮想通貨と同じ様な扱いを受けていることから、短期トレーダーから狙われやすいです。

つまり、資産を増やすことができるチャンスの裏に大きく資産を減らしてしまうリスクのあるテーマ銘柄になります。

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。