資産運用

【投資の神様】バフェットの投資術まとめ | 漫画でわかるシリーズ

ウォーレンバフェット-投資術まとめ
バンビーノ
バンビーノ
こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。

皆さんはウォーレン・バフェットという名前を聞いたことがありますか?
バフェットは「投資の神様」と言われる偉大な投資家です。

投資に興味のない方も世界長者番付で目にしたことはあるかもしれません。

今回は「投資の神様」バフェットの投資術に関する書籍で学んだことをまとめました。

ぜひ、最後までご覧ください。

▼今回、参考にした書籍はこちらです▼
マンガで読めるので初心者の方でも読みやすい書籍となります。
Kindle unlimitedでも今なら無料でお読みいただけます。

ウォーレン・バフェットはどんな人物?

ウォーレン・バフェットは1930年アメリカのオマハ生まれの投資家です。
2021年8月30日には満91歳になります。

バフェットは投資会社バークシャー・ハサウェイのCEOとしても活躍しています。

彼が「投資の神様」として尊敬されている一番の理由は、卓越した投資成績で米国の代表的な株価指数S&P500を遥かに上回る成績を長年続けていることにあります。

S&P500は年間で平均+9.3%のリターンをもたらしています。
バフェットの投資成績はそれよりも遥かに上回るようです。

引用元:楽天証券 S&P500は世界最強の株価指数!より

S&P500とは…

ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している企業から代表的な500銘柄を時価総額で加重平均し、指数とした投資商品です。S&P500は米国株式市場の時価総額約80%を網羅しているため、相場全体の動向を知る上でも役立つ指標となります。

NY証券取引所
バフェットは「10年保有したいと思えない企業の株は、10分でも保有すべきではない」という投資の格言を残しており、『バイ&ホールド』の投資スタイルを基本方針としています。

加えて、バフェットは流行り廃りのない、超優良銘柄を好むことでも知られています。たとえばコカ・コーラ、ウォルマート、アップルなど、人々の消費生活の基礎になっている「ブランド力」のある企業に投資しています。

ウォーレン・バフェットとは

  1. 投資会社バークシャー・ハサウェイのCEOにして現役の投資家
  2. 投資成績はS&P500を長年上回っている
  3. 優良企業をバイ&ホールドする投資スタイルで利益を出す

バフェットの投資教訓について(少年時代)

ウォーレン・バフェットは少年時代からビジネスに長けていました。
例えば、6歳の頃にはチューイングガムやコカ・コーラの訪問販売をした事で利益を得ていたことは有名なエピソードですが、7歳にして『1000ドルを稼ぐ1000の方法』という書籍で複利効果を学んだことが大きな影響を与えたとされています。

複利効果とは

複利効果とは、収益を当初の元本にプラスして再投資することです。時間をかければかけるほど、お金自身が働いて稼ぐ金額が増えていくわけですね。

アインシュタインも「複利は人類による最大の発明だ」と述べています

少年時代の経験から得た教訓

バフェット投資術-少年時代

バフェットが株式投資を始めたのは11歳の頃になります。バフェットは前述のビジネスで貯めた元手で姉を誘って、石油会社シティー・サービスの株を3株購入しました。

当時38ドルであった株価は27ドルまで下落し、姉から文句を言われることになります。しかし、やがて株価は40ドルまで回復して5ドル強の利益を得ました。

この経験から姉は「そのとき弟がやり手であることがわかった」と述べています。

ただ、後日談として40ドルまで値上がりした株価は天井知らずに上昇を続け、なんと202ドルまで達してしまったのです。結果として、日本円で約100万円という大きな利益を逃すことになりました。

バフェットはこの経験を「人生で最も重要な出来事の1つ」と語っています。

初めての株式投資を経験したバフェットは3つの教訓を得ました。

  1. 買った株価にこだわらない
    長期的な判断能力を失った視野の狭い取引になってしまう
  2. 目先の小さな利益に気を奪われない
    小さな利益に目を眩ませて、大きな利益を逃した教訓から学んだ
  3. 他人のお金では運用しない

他にも、勝ち負けの時も分析を怠らないこと
株価の一次的な値動きに一喜一憂しないことを教訓としてあげています。

バリュー投資について学ぶ(大学時代)

バフェットの投資術-バリュー投資

コロンビア大学に入学したバフェットはのちに恩師となるベンジャミン・グレアムと出会います。グレアムは企業の本質的価値を見極めて投資を行う「バリュー投資」を得意とする大学の教授です。

彼はバリュー投資に関する著書『賢明なる投資家』も執筆しており、後世に語り継がれる名著となっています。

バリュー投資の7つの基準

グレアムが提唱する「バリュー投資」には7つの基準が存在します。

項目 確認事項
事業規模 小型株や流動性の低い銘柄は避ける
財務健全性 流動資産が流動負債の2倍以上
収益安定性 最低10年間は赤字がない
配当 20年連続で配当を出しているか
収益の伸び 直近10年間のうち、直近3年間の1株純利益が最初の3年間と比較して33%以上の上昇をしているか
株価収益率 PER15倍以下
株価純資産倍率 PBRが1.5倍以下

(出典:マンガでわかる バフェットの投資術より)

この基準を基に「バリュー投資」では株を安く買って高く売るというわけです。しかし、割安で買えたとしても、企業の業績が悪ければ、株価が値下がりしてしまう可能性は十分にあります。

その為、グレアムは詳細な分析を行い「企業の本質的価値」を見極めることが重要であるとバフェットに説いています。

つまり、これらの基準を満たすことは…
企業の本質的な価値を持つにも拘らず、株価が割安水準であることを指しています。

コロンビア大学でグレアム教授から「バリュー投資」を学ぶ

  • 企業の本質的価値を見極める
  • 7つの基準を満たす企業を見つける為にスクリーニングする

この投資スタイルは後年の投資でも、バフェットの投資術として世間に知れ渡ることになります。

バフェットの経営判断について(3指針)

バフェットの投資術-経営者

バフェットの投資術は経営者に着目するという点も特徴の1つです。

具体的なエピソードとしては、当時誰もが見放していたワシントン・ポストの株式をバフェットは経営者キャサリン・グラハムの経営手腕に目をつけて積極的に株部指揮取得を行いました。

その結果、当時は約1000万ドルだった初期投資ですが、今では約2億ドルにまで膨れ上がり巨額のリターンを生んでいます。

経営者に着目した企業評価 3指針

  1. 利益の資本をどう配分するか
    経営状況に応じて、投資または株主還元を適切に判断できるか
  2. 株主に誠実であるか
    善悪に関わらず、積極的に情報開示を行ってくれるか
  3. 競合と横並びになっていないか
    独自路線の方針を貫いており、他社にはない独自性があるか
バンビーノ
バンビーノ
独自の技術優位性も含めて、判断する必要がありそうですね。

バフェットの優良企業投資について

バフェットの投資術-優良企業

本記事では最後になりますが、バフェットの投資スタイルは『バイ&ホールド』を基本としています。つまり、株式を取得する際には、長期で保有することを前提とした購入であるということです。

また、復習にはなりますがバフェットは流行り廃りのない、超優良銘柄を好むことでも知られています。たとえばコカ・コーラ、ウォルマート、アップルなど、人々の消費生活の基礎になっている「ブランド力」のある企業へ投資を行なっています。

最近のトピックスとしては、2020年8月に日本の5大商社の株式取得を発表したことで世間を賑わせました。

バフェットの投資格言
「10年保有したいと思えない企業の株は10分でも保有すべきではない」

他にも、バフェットは投資先の企業選定において、「事業内容が理解できる」という点を重視しています。これは実話なのですが、バフェットはIT分野に関して、事業内容の理解が基準に達していないという理由から投資をしていません。

もし、あなたが投資家で投資先を選定することがあるなら、事業内容が理解できない企業やサービスには手を出さないということを肝に銘じておきたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「投資の神様」と言われる偉大な投資家バフェットの投資術を書籍で学んだことをシェアさせていただきました。

学んだことから活かしたいポイントは以下の通りです。

  • 目先の小さな利益にとらわれない
  • 競合にはない優位性・独自性のある企業へ投資する
  • 事業内容が理解できない企業には投資しない

▼今回、参考にした書籍はこちらです▼
マンガで読めるので初心者の方でも読みやすい書籍となります。
ぜひ、本書を手に取って読んでみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

▼こんな記事も書いているので、興味があればぜひ▼

【定番株】選挙時期に影響を受けやすい関連銘柄はどこか今回のテーマは「選挙関連銘柄」になります。 現在の衆院議員は2021年10月までの任期とされています。その為、解散への意識や動きが...
【銘柄】東証の市場再編で株価上昇が狙える銘柄5選東証が市場再編に向けて動き出す 現在、東京証券取引所は2022年4月に向けた市場区分の変更に向けて動き出しています。 第1段階と...

ブログランキングにも参戦していますので、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ABOUT ME
バンビーノ
株式投資における【テーマ投資】×【気になるニュース】を発信 25歳投資家が注目するセクターやトレンドをご紹介