米国株

【米国株】世界最大手のリチウム生産企業「アルベマール」の見通し

欧州連合(EU)をはじめとする世界120ヶ国以上が、温室効果ガスの排出量をゼロにする目標に掲げており、日本政府も取り組みを強化しています。

自動車業界においては、ガソリン車、ディーゼル車の走行時に温室効果ガスが発生するため、電気自動車(以下、EV)へ舵を切るメーカーが増えています。

日本経済新聞社が発表した「2021年 世界自動車年間販売台数」によれば、ハイブリッド車よりEVの販売台数が大きく上回っており、周辺産業が注目されつつあります。

この記事のまとめ

・リチウム生産の世界最大手企業
・『リチウム不足』は全世界が抱える課題
・リチウム発掘の参入障壁は極めて高い

本記事はEV生産に欠かせない、世界最大手の”リチウム”生産企業アルベマールを紹介します。

アルベマールの事業内容や見通しが気になる方、米国株への投資を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券

世界最大手のリチウム生産企業?

まずはアルベマールの基本情報を見ていきましょう。

会社名アルベマール(ALB)
事業内容特殊化学品製造
所在地ノースカロライナ州
設立日1994年
代表取締役J.ケント マスターズ

アルベマール(ティッカー:ALB)はアメリカの特殊化学品製造メーカーです。

本社はアメリカのノースカロライナ州シャーロットにあり、リチウム生産、臭素、触媒の3部門が事業の柱となっています。
アルベマールは世界最大手のリチウム生産企業として知られています。

リチウムはEV用バッテリーの製造工程で欠かせない部材となっており、世界的な電気自動車(EV)の普及に伴い、売上高の拡大などが期待できるでしょう。

リチウムイオン電池の世界市場は急成長する

Electric Vehicle(電気自動車)

株式会社グローバルインフォメーション(証券コード:4171)が発売した「リチウムイオン電池の世界市場」の調査レポートによれば、2021年から2031年にかけて、リチウムイオン電池の世界市場は11.8%のCAGR(年平均成長率)で成長する見通しです。

具体的な数字に換算すると、2031年までに市場規模が648億3,000万米ドル(円換算:約9兆3,600億円)にまで急成長が期待できます。

2020年時点の世界市場規模は、およそ200億米ドル(円換算:2兆8,800憶円)と言われているため、アルベマールは市場規模の拡大に伴った恩恵を受ける可能性が高いでしょう。

自動車の電動化が市場成長を後押し?

リチウム市場が盛り上がりを見せている理由はEVが大きな要因を占めています。

自動車業界は、CO2(二酸化炭素)排出の厳しい削減目標により、電気自動車(EV)への投資が加速しています。

これらの動きは日本国内だけでなく、欧州やアメリカでも同様にEVシフトが起きています。

最近は「GAFAM+α」として、アメリカのEVメーカー「テスラ(ティッカー:TSLA)」が注目を集めており、街で車を見かける機会が増えています。

バンビーノ
バンビーノ
街の変化から最新のトレンドを調べることも大切ですね。

また、リチウムはEV生産における重要な素材です。世界各社の自動車メーカーのEVシフトは、リチウムの使用量を爆発的に押し上げるでしょう。

最近は自動車メーカーが新型EVを次々と発表していますから、長期的にリチウム需要は高まっていくと予想されます。

Cooper Companies
【米国株】世界50億人の近視を救うコンタクトレンズのメーカー「クーパー・カンパニーズ」スマートフォンやゲームをはじめとするライフスタイルの変化により、視力矯正を必要する人が増えています。 世界保健機構(WHO)が公表...

リチウム採掘の参入障壁は極めて高い

リチウム採掘の大手アルベマール

リチウム採掘の世界市場はトップ5社でシェアの約70%を占めています。

そのトップを独走しているのが、アルベマール(ティッカー:ALB)です。

チリ銅委員会(COCHILCO)が発表した調査レポート「2030年にかけてのリチウムの需要と供給」によれば、自動車業界のリチウム需要は2022年時点で約50万トンですが、2030年には146万トンに達すると予想されています。

したがって、現時点の生産量では圧倒的なリチウム需要に応えることができません

足元の世界EV販売台数は2019年で230万台、2020年に330万台、2021年には650万台と順調に拡大しています。

しかし、EV販売台数は全世界自動車販売台数と比較するとまだ10%以下の割合となっています。

世界的なEV化は今後も長期的に拡大するのは間違いありませんので、いつの日か『リチウム不足』というワードがニュースになる日も近いかもしれません。

アルベマールの業績について

続いては、アルベマール(ティッカー:ALB)の業績を見ていきましょう。

積極的な設備投資(投資CF)で成長重視?

(出典:マネックス証券 銘柄スカウター米国版より)

アルベマールの過去5年間の業績推移ですが、売上高はおよそ4%のCAGRを実現しています。

しかし、2019年より投資CF(キャッシュフロー)が大きく膨らんでおり、ここ最近は利益があまり出ていない状態です。

これらの要因はリチウム不足を解消する動きとして、アルベマールが積極的な設備投資を行っていることにあります。

これは筆者の個人的な考えですが、リチウム生産の最大手としてアルベマールは今後20年間は、大規模な設備投資をせざるを得ないでしょう。

EVメーカーにとって最大の課題は「バッテリーを入手できるか?」です。

バッテリーがなければEVは動きませんから、アルベマールをはじめとした『リチウム生産企業』が生産量をどう増やしていくかは注目すべきニュースと言えそうですね。

アルベマールの指標一覧

最後にアルベマールの指標一覧を確認してみましょう。

PER123.5倍
PBR5.1倍
EBITDA64.5倍
自己資本比率51.3%
実績ROE4.30%
実質ROA2.26%
ROIC2.13%
配当性向72.7%

注目したい指標は配当性向の高さ(72.7%)です。

配当性向とは、当期純利益に占める配当金の割合を示す指標です。

つまり、配当性向が高い会社は、株主に多くの利益を還元しているということになります。

ただし、アルベマールの配当性向が高い理由の1つは、積極的な設備投資(投資CFの増加)で直近の利益が芳しくないからです。

その点は気を付ける必要がありますね。

アルベマールは割高水準でないと考える理由

アルベマールの価値を図る上で重要なのが『EBITDAの高さ』です。

一般的なEBITDA倍率はおよそ8~10倍と言われており、平均倍率より大きい場合は株式の評価額が割高と言えます。

アルベマールのEBITDA倍率は64.5倍ですから一般的な水準で言えば割高です。

ただし、将来性を加味すると割高な水準ではないと思います。

先ほども紹介しましたが、自動車業界の年間リチウム需要は2022年時点で約50万トンですが、2030年には146万トンに達すると予想されています。

つまり、たった7年弱でおよそ3倍の価値が見込まれます。

2050年にかけてはさらに強気な見通しが立てられることでしょう。

そうした背景を踏まえると、アルベマールは私たちの未来を変えてくれる、ワクワク感のある企業であることは間違いないかも知れません。

まとめ

本記事はEV生産に欠かせない、世界最大手の”リチウム”生産企業アルベマールを紹介しました。

日本経済新聞社が発表した「2021年 世界自動車年間販売台数」によれば、ハイブリッド車よりEVの販売台数が大きく上回っており、リチウム生産は今後のカギを握る産業となりそうです。

しかしながら、世界各国の急激なリチウム需要に生産が追い付いていないという問題が浮き彫りとなっており、世界最大手のアルベマールは積極的な設備投資を継続しています。

この記事のまとめ

・リチウム生産の世界最大手企業
・『リチウム不足』は全世界が抱える課題
・リチウム発掘の参入障壁は極めて高い

リチウムは自動車以外の産業ともかかわりが深く、周辺業界でコストインフレが起きる可能性がないとも言い切れません。

そうした理解したうえで投資をするようにしましょう。

EVは長期的なトレンドになるため、日頃からニュースを追うなど、情報収集するように心がけてみてください。

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【米国株】フェムテック(FemTech))
【米国株】急成長市場のフェムテック関連銘柄【米国株】フェムテック(FemTech)市場の関連銘柄を3社紹介しています。フェムテック関連の米国企業/女性×テクノロジー市場は急拡大しており、不妊治療関連が伸びる可能性があります。...
ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。