テーマ銘柄

【ロッテ】佐々木朗希のスポンサーまとめで好影響受けそうな企業はどこ?

佐々木朗希

こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。

日本中から注目が集まっている佐々木朗希選手。

2022年春には28年振りの完全試合を達成し、長い日本のプロ野球の歴史でも16人目の快挙として歴史に名を刻みました。

そんな若きアスリートは、どこの企業とスポンサー契約しているのでしょうか。

本記事は佐々木朗希選手のスポンサーまとめをしていきたいと思います。もし、上場企業があれば株価への好影響も考えられますので、参考にしていただければと思います。

筆者紹介
テーマ型投資ブログ-バンビーノバンビーノ(@ChiL707)

今なら下記のリンクから投資家登録して頂いた方にAmazonギフト券1,000円分のプレゼントキャンペーン実施中です。未上場企業への投資や応援に興味がある方は、まず登録だけでもされてみてはいかがでしょうか。

株式投資型クラウドファンディング

FUNDINNO(ファンディーノ)

佐々木朗希投手の基本情報

まずは佐々木朗希選手のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

●出身

岩手県

●生年月日

2001.11.03

●身長 / 体重

190cm / 85kg

●背番号

17

●投/打

右/右

これまでの経歴(高校~現在)

●高校

大船渡高校(岩手県)

●ドラフト

2019年 ドラフト1位

千葉ロッテマリーンズへ入団

~現在(完全試合達成)



佐々木朗希投手のスポンサー企業

佐々木朗希投手が完全試合を達成(出典:LIVEEN TIMES)

続いては、佐々木朗希選手のスポンサーなどを見ていきましょう。

ロッテ(非上場)

株式会社ロッテ 公式サイト(出典:株式会社ロッテ 公式サイトより抜粋)

佐々木朗希選手が所属する野球チームは「お口の恋人」を掲げるロッテです。

プロ入り前のドラフト会議では、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズと競合になりましたが、抽選の結果ロッテが交渉権を獲得しました。

佐々木選手が試合で活躍する度、ユニフォームなどは報道に移りますので、関連企業の筆頭候補と言えそうです。またロッテは球団としてYouTubeチャンネル「千葉ロッテマリーンズ」を運営しており、球場面だけでなくYouTubeからの広告収入という面でも大きな恩恵があるでしょう。

【話題沸騰】大谷翔平の活躍で株価上昇が期待できそうな関連銘柄MLBで二刀流を実現した「日本の宝」 大谷 翔平 選手 大谷選手は日本プロ野球からMLB(メジャーリーグベースボール)に挑戦し、投...

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)

(出典:ガンホー・オンライン・エンターテイメント 公式IR資料より抜粋)

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)はスマホゲームが収益の柱となっており『パズル&ドラゴンズ』で一躍有名になった企業です。

これまで一辺倒だったコンテンツに幅を持たせるため、最近は新作ゲームの開発なども手掛けています。

千葉ロッテマリーンズの公式ユニフォームにはガンホー・オンライン・エンターテイメントのロゴマークが大きく印字されており、球団全体の活躍と共に宣伝効果は大きくなるでしょう。

フクダ電子(6960)

フクダ電子 公式サイト(出典:フクダ電子 公式サイトより抜粋)

フクダ電子(6960)は心電計の電子機器メーカーとして知られる企業です。

2020年のコロナショック以降は、医療電子機器メーカーとして注目が集まりました。しかしながら、昨今大きく株価を落としており、最高値から-40%も下落しています。

フクダ電子は千葉ロッテマリーンズの公式ユニフォーム「ズボン」に企業ロゴが印字されており、先ほど紹介したガンホー・オンライン・エンターテイメントと同様に球団が大きく活躍した際には自然と目にする機会が増えるでしょう。

パーソルホールディングス(2181)

パーソルホールディングス(出典:パーソルホールディングス 公式サイトより抜粋)

パーソルホールディングス(2181)は人材派遣大手の人材会社です。

パーソルはYouTubeチャンネルPacificLeagueTVを運営しており、野球好きの方に親しまれています。

YouTubeチャンネルはプロ野球でもパ・リーグ(プロ野球はセ・リーグとパ・リーグに分かれている)専門の試合速報などを行っており、日々更新されるので興味のある方はぜひご覧ください。

バンビーノ
バンビーノ
僕もよく見るよ!佐々木朗希選手など日々の活躍が見られるから楽しみなんだよね。
バンドッグ
バンドッグ
球場に足を運ぶ機会も減ったから、気軽に動画で見られるのは良いな。

東洋合成工業(4970)

東洋合成工業 公式サイト(出典:東洋合成工業 公式サイトより抜粋)

東洋合成工業(4970)は半導体や液晶用部材を主力とした材料メーカーです。

リチウムイオン電池やハイブリッド車関連の企業としても知られていますので、多くの業界に精通していると特徴があるでしょう。

千葉ロッテマリーンズと東洋合成工業は2022年シーズンより3年間のオフィシャルスポンサー契約を締結しています。なお、東洋合成工業は売上高のおよそ90%を千葉県内の工場で生産しており、千葉にゆかりがあることからオフィシャルスポンサー契約を結ぶことになっています。

佐々木朗希選手を中心に千葉ロッテマリーンズが活躍すれば、球場に足を運ぶ人も多くなることが予想されますので、オフィシャルスポンサーへの期待も高まります。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は千葉ロッテマリーンズの若きホープ「佐々木朗希選手」にスポットを当てて関連性のある企業やスポンサー企業を紹介しました。

ユニフォームに印字されている、ガンホー・オンライン・エンターテイメントやフクダ電子はチームの活躍に伴って関連企業として好影響があるかも知れませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。



未上場投資ならFUNDINNO

今なら下記のリンクから投資家登録して頂いた方にAmazonギフト券1,000円分のプレゼントキャンペーン実施中です。未上場企業への投資や応援に興味がある方は、まず登録だけでもされてみてはいかがでしょうか。

株式投資型クラウドファンディング

FUNDINNO(ファンディーノ)
ABOUT ME
バンビーノ
20代サラリーマン投資家。早期FIREすることを目標にブログ・SNSを運営中。20代で資産1,000万円到達しました!仕事依頼はお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。