テーマ銘柄

【2022年版】第6世代移動通信(6G)で活躍が期待される日本企業とは?

6G

VRやAR、メタバースなど5Gの本格的なサービスが続々と発表されており、私たちの生活はこれから大きく変わるでしょう。

しかし、そんな5Gに続く次世代の通信システム「6G(第6世代移動通信システム)」へ熱い視線が注がれています。

次世代通信システムである「6G」において、日本は5Gの覇権争いで世界に大きく遅れをとった経験を生かして、政府も一体となった官民共同開発を後押しする姿勢を見せています。

つまり、今後の覇権争いについては国家支援も期待できることから、6Gは国策テーマの中でもビッグテーマになることが予想されます。

本記事は6G(第6世代移動通信システム)に焦点を絞り、関連企業を紹介します。

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券

6Gが日常になることで起きる生活の変化

まずは現行の5Gから6Gへ変化することで、私たちの生活にどのような変化が起きるのかみていきましょう。

①遠隔医療や自動運転の実現がリアルに見えてくる

5Gから6Gに進化することで、以下の変化があるとされてます。

  1. 通信速度が5Gの10倍(100Gbit/秒)
  2. ネット回線への同時接続が10倍
  3. 通信領域の拡張
  4. 超低消費電力の実現

2021年時点では5Gが現行の通信システムとして世界中で導入が進んでおり、高速通信かつ低遅延という特長によって従来の4Gでは実現できなかったことが可能になっています。

例えば、4Kや8Kといった高画質の動画を瞬時にダウンロードできたり、自動運転車が革新的な進歩を遂げるなど、各産業でイノベーションが期待されています。

現行の5Gは「自動運転車」「IoT」「AI」「VR」「遠隔操作」など高速通信・低遅延の技術革新に恩恵を受けた産業が多くあります。

これが6Gに進化すればより安定した通信技術になりますので、遠隔操作(遠隔医療や養殖)や自動運転車については中長期で成長していく産業といえるでしょう。

②リアルタイムで大容量通信が可能になる

Meta-メタ(旧.Facebook)6Gが普及すれば、仮想現実がより盛んになることが予想されます。

6Gが普及すれば、離れた場所にいる友人と映像を送り合うことで、相手が目の前にいるような感覚がVRの進化によって体験できたり、世界ツアーを行っているアーティストのライブに遠隔参加ができたりとエンタメ業界へ与える影響も大きいと言われています。

5Gは高速通信・低遅延が当たり前になりましたが、6G社会ではそれがさらに進化し、リアルタイムでの大容量通信が出来るようになります

これにより、遠隔医療の実現やバーチャル空間の価値向上などが生まれる為、仮想現実に関するニュースも併せてチェックしておくようにしましょう。

バンドッグ
バンドッグ
仮想現実の事業「メタバース」は世界中で広がりを見せており、米国企業の Facebookも社名を Meta Platforms(メタ・プラットフォームズ)に変更したぞ。
メタバース
日本のメタバース企業と仮想空間が注目される理由Facebookの創業者であるザッカーバーグが突如、社名を「Meta」に変更すると発表したことで仮装空間に対する期待感が非常に高まってい...
  • 超高速通信や同時接続が実現できる
  • 仮想現実が価値を持つ時代がやってくる
  • 6Gはエンタメ業界へ与える影響が大きい



6Gの関連銘柄一覧

それでは6G関連銘柄を紹介いたします。

6Gの関連銘柄はこちら

証券コード企業名一言コメント
1417ミライト・ホールディングス基地局向け工事
1721コムシスホールディングス基地局向け工事
1951協和エクシオ基地局向け工事
1973NECネッツアイ基地局向け工事
4063信越化学工業光ファイバーなどの生産強化
4485J TOWER通信キャリアの共用化
5802住友電気工業窒化ガリウム通信システム提供
6701NEC監視カメラでトップ技術
6754アンリツ通信計測器で世界トップクラス
6762TDKリチウム電池で世界トップシェア
6976太陽誘電次世代デバイスの部材製造
9432日本電信電話6G 通信提供事業者
9433KDDI6G 通信提供事業者
9434ソフトバンク6G 通信提供事業者
9436沖縄セルラー電話6G 通信提供事業者

6Gは次世代の通信システムとして、私たちに大きな影響を及ぼすことは容易に想像ができます。

しかし、現行の5G時代でも今は想像もつかない新しい産業が出てくるでしょう。

こうした進化は通信システムの普及と密接に関わってきますので、通信関連はこれからも注目しておきたいですね。

おすすめの6G 関連銘柄3選

6Gこの記事でおすすめする関連銘柄は以下の3社です。

  1. 東日本電信電話<9432>
  2. TDK<6762>
  3. ミライト・ホールディングス<1417>

それでは、各社の特徴などを確認していきましょう!

東日本電信電話【9432】

東日本電信電話(NTT)<9432>は日本を代表する通信銘柄です。

2020年にはNTTドコモ<9437>を完全子会社化する為に、TOB(株式公開買い付け)を実施して話題を呼びました。

5G関連銘柄においても本命株になりますが、6GについてもNTTは非常に有力な候補となるでしょう。

さらにNTTはインテル<INTC>ソニーグループ<6758>とIOWN構想の設立メンバーとして6G関連銘柄を推進する企業になっています。

つまり、NTTは次世代の国策テーマ銘柄でも中核企業に位置付けられます。

NTTは配当利回りが約3.4%、株主優待制度では自社ポイントの付与(dポイント)もありますので、投資初心者にもおすすめできる「花嫁銘柄」です。

TDK【6762】

TDK<6762>は電子部品製造の大手企業です。

TDKは日本法人でありながらも、製造拠点・売上高の約8割は海外事業から稼いでいます。そのため、為替の影響を受けやすい側面は理解しておくと良いでしょう。

TDKの製品はスマートフォンなどのモバイル向け電子部品から、電気自動車向けの部品製造を手掛けています。

そのような幅広い事業領域からTDKは以下のような「テーマ銘柄で取り上げられます」

TDKの関連テーマ

  • 全個体電池
  • 太陽光発電
  • 円安メリット
  • 中国(チャイナリスク) 等々

ミライト・ホールディングス【1417】

ミライト・ホールディングス<1417>は先ほどの東日本電信電話<9432>を中心とした通信工事を行なっている大手企業です。

通信工事といえば、国内事業を想像される方も多いかと思いますが、同社の通信工事は海外展開にも積極的です。

現在、ミライトHDは約100カ国以上で通信工事の実績があり、高い技術力をグローバル展開しています。

国内の通信整備もすごく重要ですが、企業の中長期成長を見た場合、グローバルで高い実績を誇るため、途上国の通信整備で大きな恩恵を受ける可能性が高いでしょう。

株価は2020年の感染症拡大で大きく下落した後、強い上昇トレンド継続中です。

最近はこの上昇トレンドにも一服感が見られますので、一時的に1,900円のラインまで調整が入る可能性があります。

同社は売上高・利益共に上場後ずっと成長していますので、これからの中期的な成長にも期待が高まります。



この記事のまとめ

本記事では6G関連銘柄について取り上げました。

6Gが普及すれば、離れた場所にいる友人と映像を送り合うことで、相手が目の前にいるような感覚がVRの進化によって体験できたり、世界ツアーを行っているアーティストのライブに参加ができたりとエンタメ業界へ与える影響も大きいと言われています。

5Gは高速通信・低遅延が当たり前になりましたが、6G社会ではそれがさらに進化し、リアルタイムでの大容量通信が出来るようになります

これにより、遠隔医療の実現やバーチャル空間の価値向上などが生まれる為、仮想現実に関するニュースも併せてチェックしておくようにしましょう。 

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。