その他

【解説】電力不足と石炭価格の急騰?要因分析と関連株をチェック

バンビーノ
バンビーノ
こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。

中国で電力逼迫を理由に、停電や電力供給制限が相次いでいます。

「日本へ拡大する懸念はないの?」「これから中国はどうなるの?」色々と不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、以下のテーマに絞って解説します。
ぜひ、最後までご覧ください。

本記事でわかること

・電力不足の要因とは…
・電力不足・石炭関連銘柄

中国で起きている電力不足問題について

まず、中国で電力不足が発生している要因について見ていきましょう。

電力不足が発生する要因とは

電力不足が起きている背景には、石炭の不足と値上がりがあります。

なぜ、石炭が重要なのでしょうか。

理由は、世界にある石炭の約半数を中国が生産・消費しているからです。

昨年、世界を蔓延した新型コロナウイルス感染症から中国はいち早く回復し、加速度的に経済を成長させています。一方、中国では死者の出る炭鉱事故が多発し、安全性調査が厳格化しています。その為、石炭価格は高騰を続けており、かなり厳しい状況になっています。

これらの理由から、中国では電力消費が急激に拡大し、国内全体で電力不足が発生しているということです。

なかでも、東北三省では予告なき停電が発生しているようです。要因は先ほど述べた通りですが、本音は石炭価格の高騰によって、国家目標を実現できなくなることを国が阻止しようとしていると言われています。

東三省
(出典:80C[ハオチー] 記事より)

石炭の価格推移について

石炭の価格推移についても触れておきましょう。

下記の価格推移は、オーストラリアと南アフリカの参考価格になりますが、2018年から2020年まで石炭価格は下落推移でした。それが2021年より反転上昇する形になり、近年では最高値をつけています。

しかし、問題はそれだけではありません。

重要なのは、世界的な石炭価格の高騰がいつまで続くかです。

ゴールドマン・サックスは堅調な石炭需要とオーストラリアで新規の鉱山開発の認可は難しいとし、価格予想を引き上げています。

つまり、現時点では石炭価格の高騰はいつまで続くか。
その答えは誰にもわかっていません。

こうした先行き不透明であることから、投資には不向きかも知れません。もし、投資をするなら短中期での投資を検討されてはいかがでしょうか。


(出典:世界経済のネタ帳 石炭価格の推移について)

電力不足・石炭 関連銘柄

ENECHANGE【4169】

ENECHANGE(エネチェンジ)は消費者(個人)向けの電力・ガス会社の切り替えを行う「エネチェンジ」をサービス運営しています。メールアドレス・パスワードのみで会員登録完了し、簡単に電力料金シュミレーションもできます。

同社を取り巻く環境については、つばささん(@kabuman5)のYouTube動画で詳しく解説されていますので理解を深めたい方は、以下の動画をご覧いただければと思います。

 

日本ガイシ【5333】

日本ガイシは電線を支える電気機器の最大手企業です。

ガラス業種に位置する為、あまり知られていませんが、同社はセラミック(自動車部品、半導体製造装置)事業が主力事業になっています。

また、同社は世界No.1製品を多数保有しています。
個別解説は今回しませんので、下記の画像を参照して見てくださいね。

日本ガイシはこれから迎える電力社会に重要な製品提供をしています。電力貯蔵用のNAS電池、送電用の碍子など電力の関連銘柄としても関わりが深いでしょう。


(出典:日本ガイシ 個人投資家向け 公式HPより)

三井松島ホールディングス【1518】

三井松島HDは石炭商社として、日本以外の海外産炭も取り扱いしています。

同社は収益の約7割がエネルギー(石炭)関連となっています。ただし、三井松島HDは2040年代以降は、石炭生産から撤退を決定済みです。

今後はM&A による別の収益を柱にしようと模索しています。石炭需要の関連銘柄としては挙げられますが、投資リスクは大きいと考えています。理由は、石炭価格の高騰がいつまで続くかわからない点です。

昨今は株価上昇していますが、今後の見込みは分かりません。


(出典:三井松島HD 2020年 通期決算資料より)

今回、紹介した銘柄については株価の値上がりを保証するものではございません。あくまで投資する際には、自己責任でお願い申し上げます。

まとめ

中国で電力不足が起きている背景は、石炭の不足と値上がり。

  • 石炭の約半数を中国が生産・消費している
  • 石炭価格の高騰がいつまで続くか分からない
  • トレンドの継続性は見極める必要がある

そして本記事で取り上げた銘柄は以下の3銘柄です。

  1. ENECHANGE【4169】
  2. 日本ガイシ【5333】
  3. 三井松島ホールディングス【1518】

投資は自己責任でお願いいたします。

今なら『LINE証券』の口座開設するだけで、3,000円相当の株式を無料でゲットすることが出来ます。お手持ちのスマートフォンより約5分で手続きができますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

▼LINE証券についてもっと知りたい方向け▼

【LINE証券】口座開設前に確認しておきたいメリット・デメリットLINE(ライン)アプリ内で投資ができるLINE証券。1株数百円から投資ができる「いちかぶ」とタイムセールは投資初心者にもおすすめです。今なら口座開設といくつかのクイズに答えるだけで株式3,000円相当が無料でゲットできるキャンペーンを開催中です。...

 

参考文献

  1. FNNプライムオンライン:https://www.fnn.jp/articles/-/245548
  2. ENECHANGE 公式HP:https://enechange.co.jp
ABOUT ME
バンビーノ
株式投資における【テーマ投資】×【気になるニュース】を発信 25歳投資家が注目するセクターやトレンドをご紹介