テーマ銘柄

【米国株】FIFAワールドカップのスポンサーと関連銘柄

FIFAワールドカップ 公式スポンサー
バンビーノ
バンビーノ
こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。

新型コロナウイルス感染症の第7波が世間を騒がせていますが、カタールでは2022 FIFAワールドカップの開催準備が着々と進んでいることをご存じでしょうか。昨今は外食やスポーツ観戦など人混みを避けて休日を過ごす方も多く、有名な桜祭りなどは2022年も相次いで休止が発表されています。

しかしながら、日本は元来イベント(お祭り)好きと言われており、FIFAワールドカップは数年ぶりに大きな盛り上がりを見せる世界イベントになるかもしれません。

本記事ではFIFAワールドカップの公式スポンサーに焦点を絞り、米国株の関連銘柄について書かせていただきます。ぜひ最後までご覧ください。

筆者紹介
テーマ型投資ブログ-バンビーノバンビーノ(@ChiL707)

今なら下記のリンクから投資家登録して頂いた方に5,000相当の株が必ずもらえるキャンペーン実施中です。STREAMは日本株も米国株も手数料無料の証券サービスでコミュニティー機能もあります。

とってもお得なキャンペーンになりますので、まだ口座開設していない方はこの機会に投資家登録して有名な企業の株を無料でゲットされてみてはいかがでしょうか。

▶ずーっと手数料無料で取引できるアプリ「STREAM 」

STREAM

FIFAワールドカップとは?

まずはFIFAワールドカップの概要から見ていきましょう。

国際サッカー連盟主催の世界大会

2022 FIFAワールドカップ(公式エンブレム)(出展:カタール 2022FIFA ワールドカップ 公式エンブレム©FIFA)

FIFAワールドカップは国際サッカー連盟(FIFA)が主催するナショナルチームの世界大会です。数あるサッカー大会の中でもFIFAワールドカップは世界最高峰に位置付けられ、経済効果はオリンピックを凌駕しています。

参加資格はFIFA(国際サッカー連盟)に加盟した国または準ずる地域と定められており、選手ユニフォームの胸にはそのエンブレムをつけています。日本代表も目を細めてチェックしてみればエンブレムを見つけることができるかもしれませんね。

ちなみに2022年ワールドカップはカタールで開催されることが決定しています。お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、上図が公式発表されているエンブレムです。

本エンブレムのビッグテーマは世界を”つなぐ”デザインとなっており、永遠のつながりを意味するように「無限大」のループを描いていると言われています。

FIFAワールドカップの起源

FIFAは1904年に創立されており、およそ100年近い歴史があります。1928年に行われたアムステルダム総会において大会名称を「ワールドカップ」とすることが決定されました。それ以来世界ではワールドカップと呼ばれています。

なお、現在の正式名称である「FIFAワールドカップ」と呼ばれるようになったのは、1974年の西ドイツ大会以降ここ最近の出来事なんですよ。現在は多くのスポーツでワールドカップという言葉が使われますが、世界で最初に用いた競技はサッカーと言われています。まさに世界最高峰と呼ぶにふさわしい大会と言えそうですね。

バンビーノ
バンビーノ
日本国内ではW杯と呼ぶこともあるよね?略称だと思うけど世界的に使われているのかな?
バンドッグ
バンドッグ
公式には認められていないぞ。独自文化として覚えておこう。

開催国の決定について

FIFAワールドカップ

FIFAワールドカップの開催国決定権は、初期から1982年大会の開催国決定まではFIFA総会での投票で決定されていましたが、1986年大会以降はFIFA理事会のFIFA理事投票で決定する方式に変更されました。

しかしながら当時のFIFA理事会は24名しかおらず、2015年にはFIFAが汚職事件を起こしたことが社会的な問題となりました。そのことから2026年大会開催の投票から開催立候補国を除く全加盟協会での投票方式に再び変更されています。

FIFAもいろいろな問題を得て、開催国決定において不正が出ないように努めているということですね。

日本のサッカーは歴史が浅い?

日本はプロサッカーの歴史は欧州や南米などと比べるとプロリーグが発足したのも非常に最近です。欧州では1900年代前半サッカークラブが設立され、現代で有名なブンデスリーグも1963年に発足しています。

その一方、日本のプロリーグは1993年発足と世界から後れを取っていたと言われています。しかし、1993年に発足したJリーグは非常に国内人気も高いプロスポーツへ成長し、現在はワールドカップに6大会連続出場を果たすなど。着実に日本サッカーは世界との距離を縮めているのではないでしょうか。

また以下は筆者の個人的な主観ですが、日本人選手もここ最近は欧州サッカーへ次々と参入していますので、FIFAワールドカップの活躍がサッカー業界全体のさらなる追い風になったら良いなと思います。

【新体制】国内新リーグの発足とラグビー関連銘柄2019年のラグビーWカップで成し遂げた日本代表の快挙をきっかけにラグビーファンが急増し、一時期はお祭りブームになるなど日本ラグビー界へ...



FIFAワールドカップ公式スポンサー

続いてはFIFAワールドカップに関連するスポンサー企業などを見ていきましょう。

コカ・コーラ(KO)

コカ・コーラ(FIFAワールドカップ)

今回紹介する注目企業の1社目はコカ・コーラ<KO>(The Coca-Cola Company)です。コカ・コーラは世界中にビジネス展開する飲料メーカーで主力製品は社名にもある通り、「コカ・コーラ」はどこの飲食店に行っても品揃えされているでしょう。

おそらく日本国内でコカ・コーラを知らない人はいないのではないでしょうか。そんなコカ・コーラですが、「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏も好んで食習慣に取り入れている有名な逸話もあります。

またコカ・コーラは世界各国で味がバラバラなのは有名な話ですね。それも各工場で各々のボトラーが製造するという独自ビジネスを築いていることが理由に挙げられます。こうして現地の人々にあった製造を行うことで、世界中からコカ・コーラは愛されるブランドとなっているということですね。

ヌー・ホールディングス(NU)

ヌーホールディングス(NU)ブラジル発のデジタルバンク

注目企業の2社目はブラジル発のデジタルバンク「ヌーバンク」を運営するヌー・ホールディングス<NU>(NuBank)です。ヌーバンクはブラジルのサンパウロに本社を構えており、2021年12月9日にニューヨーク証券取引所(NYSE)に公開IPO(新規上場)を果たしたことで大きな話題を呼びました。

昨今の株価は軟調ですが、世界中にあるデジタルバンクの中でトップの時価総額を誇ります。

またヌー・ホールディングスはバフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイも約500億の投資を発表しており、長期的な成長が期待できるでしょうか。(ウォーレン・バフェット氏は長期投資が投資の基本方針と言われています)

バンビーノ
バンビーノ
さっきから話題になっている”デジタルバンク”ってなに??聞いたことないんだけど…
バンドッグ
バンドッグ
デジタルバンクはスマホのアプリで完結する預金・送金などを行うサービス提供を指しているぞ。
バンビーノ
バンビーノ
日本の楽天銀行やセブン銀行とはまた別なの?
バンドッグ
バンドッグ
明確には”違うな”。日本では”みんなの銀行“というサービスがあるぞ。

ビザ(V)

ビザ(V)電子決済ネットワーク

最後に紹介する企業はグローバルで電子決済ネットワークを展開するビザ<V>(VISA)です。ビザはクレジットカードを中心とした決済ブランドを世界へばらまき、電子決済ネットワークで消費者行動を抑えている点は将来性を感じさせてくれることでしょう。

こちらはあまり知られていませんが、ビザの起源はアメリカの大手銀行バンク・オブ・アメリカがBANK AMERICARD を設立したところにあります。これを1976年にビザ<V>(VISA)へブランド名・社名を変更したから現在まで歩んできたようですよ。

日本でも多くのクレジットカード会社が国際決済ネットワークを持つビザを採用していますので、ブランド力・信用力は非常に高いことが伺えますね。投資を検討するうえでも好材料と言えるでしょう。



総括

いかがでしたでしょうか。

本記事ではFIFAワールドカップの公式スポンサーに焦点を絞り、米国株の関連銘柄について書かせていただきました。公式スポンサーは大手企業が多いですが、ヌー・ホールディングス(NU)のような地域関連企業は盛り上がるかもしれませんね。

LINE証券のお得なキャンペーン

ここまで見て下さった皆様へお得なキャンペーンを紹介します。コミュニケーションアプリで皆さんご存じのあるLINEから証券サービスが始まりました。

日本株だけでなく米国株へ挑戦したい方にもおすすめの証券会社になります。今なら3,000円相当の株をプレゼントキャンペーン実施中ですので、お得に株をゲットしちゃいましょう。

LINE証券
【LINE証券】口座開設前に確認しておきたいメリット・デメリットLINE(ライン)アプリ内で投資ができるLINE証券。1株数百円から投資ができる「いちかぶ」とタイムセールは投資初心者にもおすすめです。今なら口座開設といくつかのクイズに答えるだけで株式3,000円相当が無料でゲットできるキャンペーンを開催中です。...

LINE証券 の口座開設

3,000円相当の株をプレゼント

その他の関連銘柄

FUNDINNO-株式投資型クラウドファンディング
【徹底解説】FUNDINNO(ファンディーノ)で始める”ベンチャー投資”の魅力とは本記事は投資家なら知っておきたいベンチャー投資、日本初の株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』について書...
アルコール検知器-関連銘柄(道路交通法の改正で必要に?)
【日本株】アルコール検知器の関連企業と法改正の内容とは? 突然ですが、2022年10月にも道路交通法が改正されることをご存知でしょうか?道路交通法は毎年少しずつ改正されていますが、今回の...
【2022年】10万円以下で買える決算期待の優良銘柄5選金融所得税の増税や金融引締めなど不安材料は多く残りますが、2022年も新たなテーマ株が話題を呼び、利益を上げる投資家が出てくるでしょう。今回はそんな期待をこめて「10万円以下で買える優良銘柄」を5社紹介させて頂きます。...
ABOUT ME
バンビーノ
20代サラリーマン投資家。早期FIREすることを目標にブログ・SNSを運営中。20代で資産1,000万円到達しました!仕事依頼はお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。