日本株

全自動資産運用「ウェルスナビ」の強みと将来性に関する考察

全自動資産運用ウェルスナビの成長要因と将来性に関する考察

最近は金融教育がはじめるなど、日本全体で個人投資家が増えています。

しかし、個別企業への投資は情報収集能力が求められるため、投資初心者にはハードルが高く投資信託に集中投資されている方も少なくありません。

特に働く世代は老後2,000万円問題も抱えているため、将来に不安を持っている人も多くいます。

そうした働く世代の豊かな老後のためにテクノロジーを活用し、資産運用の全自動化を実現した成長企業に注目が集まっています。

今回紹介するのは、個人投資家のリスク許容度に応じたポートフォリオをAI(人工知能)で全自動化した資産形成サービス『WealthNavi』です。

【重要】この記事のまとめ

・手数料収益がメイン
・一般NISAに対応し利用者急増
・個人向け金融プラットフォームを目指す

この記事を最後まで読んで頂ければ、『WealthNavi』を運営するウェルスナビ株式会社がどのような事業を行っているのか。

AI(人工知能)を活用した全自動資産運用は怪しくないのかという点が理解できると思います。ぜひ最後までご覧くださいませ。

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券

ウェルスナビの基本情報

まずはウェルスナビ株式会社の基本情報から見ていきましょう。

企業概要

会社名ウェルスナビ株式会社(証券コード:7342)
事業内容金融商品取引業
所在位置東京都渋谷区渋谷2-22-3
設立日2015年
資本金32億円
代表取締役柴山 和久

ウェルスナビ株式会社(7342)は全自動の資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」を手掛ける金融取引業者です。

企業ミッションは「働き世代の豊かな老後のために最先端テクノロジーを活用し、世界水準の個人金融資産プラットフォームを築く」を掲げています。

ターゲット顧客は“働き世代”です。

WealthNaviはAI(人工知能)が全自動でポートフォリオを組み替えてロボアドバイザーという金融サービスに該当します。

また、ロボアド業界においてウェルスナビは首位を独走しています。

またウェルスナビは働き世代(20代~50代)が売上高の88%を占めるなどターゲット顧客が明確である点が特徴となっています。

全自動資産運用「WealthNavi」とは?

全自動だから投資家への負担も少ない

WelthNavi(ウェルスナビ)ロボアドバイザー(出典:全自動の資産運用「WealthNavi」公式サイトより抜粋)

WealthNaviは基本方針を3つ掲げています。それは、長期・積立・分散を基本方針としたリターンの最大化です。

働き世代の多くは老後資金や年金受給に対する漠然な不安を抱えており、老後に備えた動きの1つとして資産運用は注目されています。

中でもロボアド業界で首位独走を続けるウェルスナビのサービスは気になる人も多いはず。

ウェルスナビの優れている点は、資産運用の知識がなくても簡単に資産運用を始められることでしょう。

投資初心者は日々のIR情報を収集する習慣がついていないので、ポートフォリオの構築作業に大きな負担を強いられます。

筆者は今年で投資歴6年目になりますが、自分1人でポートフォリオを構築するのは非常に時間や工数がかかるため、あまり頻繁には行いません。

その点、ウェルスナビは個人のリスク許容度に応じたポートフォリオを組んで、時にはリバランス(調整)を行ってくれるので、投資家の負担が大きく軽減できるでしょう。

ビジネスモデルは手数料収入

ウェルスナビのビジネスモデルは非常にシンプルです。

ウェルスナビのサービス利用者から預かり資産の年1%にあたる手数料を受け取ります。

最新のIR(6月末時点のデータ)では顧客数34.3万人に対して、預かり資産6,754億円となっています。

つまり、2022年8月現在は1人あたり約200万円運用中であることが分かります。

最近は地銀との提携に注力しており、堅調に顧客拡大をしていますが、1人あたりの預かり資産が年初から大きく変化していない点は気になります。

これからは利用者(顧客)の預かり資産をいかに増やせるかがカギとなるでしょう。

売上高(トップライン)の伸び率と1人あたりの預かり資産の推移は、これからも注目すべき指標となりそうです。

長期・積立・分散でリターンを最大化

WelthNavi(ウェルスナビ)ロボアドバイザー(出典:全自動の資産運用「WealthNavi」公式サイトより抜粋)

WealthNaviは長期的なリターンの最大化を目指しています

上図の例はウェルスナビ社のサイトに掲載されている試算ですが、運用歴が長期になればなるほどリターンが大きくなっていることがわかります。

バンビーノ
バンビーノ
えー!早くFIREしたいから長期も待てないよ。
バンドッグ
バンドッグ
『投資の神様』バフェット氏も長期でリターンを最大化させてきた偉大な人物だ。長期投資は資産形成するうえで欠かせないと考えよう。

Our favorite holding period is forever.

ー我々が好む株式保有期間は「永遠」

Only buy something that you’d be perfectly happy to hold if the market shut down for 10 years.

ー今後10年間市場が閉鎖しても喜んで持ち続けられる企業だけを買いなさい。

これはバフェット氏が長期投資を基本方針とする姿勢がよくわかる名言です。

投資の神様が長期投資しているのに、私たちが短期間でお金持ちになれる可能性は極端に低いでしょう。

そういった意味合いでも、長期的なリターンを目指すウェルスナビのサービスは資産運用における理想ともいえるでしょう。

NISAも全自動で運用可能

WelthNavi(ウェルスナビ)ロボアドバイザー(出典:全自動の資産運用「WealthNavi」公式サイトより抜粋)

ウェルスナビは2021年2月よりNISA口座でも、全自動のおまかせ運用を行う「おまかせNISA」のサービスを開始しました。

ロボアドバイザーは大手証券会社なども順次提供していますが、NISA対応したのは日本初の試みです。

NISAは小額投資非課税制度という税制優遇のことです。

つまり、ウェルスナビの「おまかせNISA」は非課税メリットの恩恵を受けながら、全自動運用ができる、まさに夢のようなサービスと言えるでしょう。

ただし、おまかせNISAでは一般NISA枠を利用します。そのため、積立NISA枠と併用することはできないので注意が必要です。



ウェルスナビの今後はどうなる?

続いてはウェルスナビの注目ポイントを見ていきましょう。

ロボアドバイザー首位をキープできるか

ウェルスナビの成長可能性(出典:全自動の資産運用「WealthNavi」公式サイトより抜粋)

WealthNaviはロボアドバイザー市場をトップ独走しています。

最新のIR資料では、他社との比較が開示されていますので、参考までに目を通しておきましょう。

前述のとおりですが、ウェルスナビは働き世代をターゲットとした資産運用サービスを手掛けています。

これらは社会との接点、交友関係も広いことが特徴として挙げられるので、社内の口コミやSNSで見かける機会が多ければ、投資初心者の選択肢としてウェルスナビは優位な立ち位置を確保できると考えています。

今後は高い成長性を維持しながらも、市場を牽引するマーケットリーダーとなることができるかは注目ポイントになるでしょう。

初の黒字化を達成見込み?

ウェルスナビ 広告宣伝費を除く営業利益広告宣伝費を除く営業利益推移

ウェルスナビは多額の広告宣伝費を使って顧客獲得しています。

その結果として、預かり資産は順調に増加していますが、会社全体で見た際の利益は赤字決算が続いている状況です。

2022年通期の業績予想は四半期単位での営業利益黒字化を目指すとしていますが、依然として広告宣伝費に積極的な姿勢を見せています。

次回の決算発表は、上場後初の黒字化で話題を呼ぶかも知れませんね。

巨大な金融プラットフォームとなる未来

続いては、ウェルスナビが持つ将来性について紹介します。

成人年齢引き下げでチャンス到来?

2022年4月に施行された民法改正によって、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。これにより、満18歳以上の顧客から口座開設を申し込めるようになります。

ただし、成人年齢引き下げによるNISAの口座開設は2023年1月1日より適用されることが決まっており、金融取引業者にとっての年末商戦になりそうです。

また2022年から高校で資産形成(投資の内容も含む)が開始されます。

若手顧客層との接点をどう拡大させていくかは、ウェルスナビにとって大きな課題となるでしょう。

個人向け金融プラットフォームへの布石

(出典:全自動の資産運用「WealthNavi」公式サイトより抜粋)

ウェルスナビは全自動の資産運用サービス「WealthNavi」を手掛けていますが、将来的に個人向け金融プラットフォームを目指して、事業拡大フェーズへ入ることになるでしょう。

上図の通り、資産運用の枠に留まらずローンや年金、保険などのデジタル化や自動化を推進するフィンテック企業という位置づけが拡大する予定です。

そういった意味ではウェルスナビの将来性は非常に期待できると言えるのではないでしょうか。

総括

本記事では全自動の資産運用サービス「WealthNavi」を手掛ける、話題のフィンテック企業のウェルスナビ株式会社について書かせていただきました。

【重要】この記事のまとめ

・手数料収益がメイン
・一般NISAに対応し利用者急増
・個人向け金融プラットフォームを目指す

もし、中長期的な成長が期待できる将来像が浮かぶ方は、ぜひ投資も検討されてみてはいかがでしょうか。

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

BizReach(ビズリーチ)ビジョナル株式会社
転職支援サービス「ビズリーチ」運営企業ビジョナルの強みと将来性についてハイクラス人材の転職支援サービス「ビズリーチ」は、テレビCMで注目を集め、今後のHR(人材)テック市場を牽引する存在とも言われています。...
ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。