テーマ銘柄

【日本株】東京五輪2020は金メダル獲得!ソフトボール関連銘柄

東京五輪2020から「ソフトボール」が競技種目として返り咲きました。

皆さんも記憶に新しいとは思いますが、五輪競技に再採用となったソフトボールにおいて、日本代表が金メダルを獲得しています。元々、注目度の高い競技だっただけに業界全体に与える影響は大きいでしょう。

そこで、本記事ではソフトボールの関連銘柄をまとめました。本大会では金メダルを獲得できたこともあって、競技人口の増加や業界全体への波及効果も期待できます。今後はその影響から株価が反応する可能性もありますので、関連銘柄を一緒に見ていきましょう。ぜひ、最後までご覧ください。

▼口座開設キャンペーン実施中▼
LINE証券は投資初心者さんにオススメです。
今なら口座開設とクイズに答えるだけで、
4,000円相当の株式を無料でゲット!!

 

ソフトボールが東京五輪で金メダルを獲得

2021年7月27日(火)日本はアメリカと東京五輪2020大会の決勝戦を行いました。前回大会も含めて、アメリカと日本はソフトボール競技の競合としても知られる国同士です。そんな注目の一戦でしたが、終わってみれば日本 2 VS 0 アメリカ で決勝戦は約2時間の死闘の末、日本が勝利して金メダルを獲得しています。

元々、今回の日本代表はアメリカにも勝てるだろうと強気の予想が多かったものの、本番は一発勝負なので日本が勝利できるかどうかは本当に紙一重と言えます。

しかし、それだけ期待の高い試合でも、日本代表は金メダルという嬉しいお土産を残してくれました。

ソフトボール選手を支えるスポンサー企業

東京五輪2020でソフトボール選手は大いに活躍しましたので、スポンサー企業にも当然、注目が集まります。日本ソフトボール協会の公式スポンサー企業については、どんな企業がスポンサーとしてついてくれているのでしょうか。

日本ソフトボール協会のスポンサー

日本ソフトボール協会を支えるスポンサー企業は以下の通りです。

  1. ミズノ(8022)
  2. 明治(2269)
  3. JTB(非上場)
  4. ANA(9202)

softball-sponsor
(出典:日本ソフトボール協会 公式HPより)

ソフトボール協会の公式スポンサーはどの企業も名の知れた企業たちになりますので、株価への影響はあまり大きくなさそうです。ただ、ソフトボールや野球においてミズノ(8022)はかなり存在感の大きな企業になります。他の種目でも活躍が目立つようでしたら、競技関連として期待が高まることもありそうですね。

  • スポンサー企業は大手企業が多い

ソフトボール関連銘柄

それでは、ソフトボール関連銘柄について、もっと深掘りしてみていきましょう。今回、各枠ごとにスポンサー企業並びに関連銘柄を並べています。

スポンサー枠の関連銘柄

  1. ビックカメラ(3048)
    今回、日本のエースとして活躍した上野由岐子選手(38)が所属する企業です。ビックカメラは2022年春に開幕する『JD.LEAGUE』に参戦する予定となっています。
  2. ミズノ(8022)
    ソフトボール競技のオフィシャルスポンサーにもなっている企業です。野球・ソフトボールにおいて、同社は数多くのアイテムを手掛けており活躍による業績向上も期待できるかも知れません。
  3. ANA HD(9202)
    ソフトボール代表のオフィシャルパートナーにもなっている企業です。日本では言わずと知れた航空業界の大手企業になります。世界的にワクチン接種が進む中、これから人々が再度、世界中に旅行することも考えられるため、『アフターコロナ』銘柄として株価を戻しています。
softball-sample

ソフトボール用品の関連銘柄

  1. ミズノ(8022)
    スポンサー枠でもピックアップしましたが、ミズノ(8022)はグローブやバット以外にも試合に利用されるボールに使われているなど、大きな波及効果が狙える企業になります。
  2. ゼット(8135)
    ソフトボール・野球製品においてゼット製品も大きなシェアを占める企業になります。ミズノ社と同様にグローブやバットなど多くのアイテムを販売しています。個人的には、一般消費者まで波及は見込めないと考えています。
  3. アシックス(7936)
    大谷翔平選手の関連銘柄としても、ピックアップしている企業になります。ソフトボールで金メダルを獲得したことによる直接的な効果は期待できないものの、競技人口の増加に伴うスポーツ用品全体の売れ行き拡大が期待できます。

 

販売店の関連銘柄

  1. ゼビオHD(8281)
    東日本を中心にスポーツ用品店の小売業を展開する企業です。
    野球用品・ソフトボール用品のラインナップも熱いですが、バスケットボールなど別競技での波及効果も狙えると考えています。
  2. アルペン(3028)
    スポール用品の最大手企業です。
    昨今のゴルフやキャンプなどアウトドア志向の高まりにより業績拡大しています。これに五輪効果が重なることで、さらなる業績が期待できると考えています。

まとめ

スポンサー枠

  1. ビックカメラ(3048)
  2. ミズノ(8022)
  3. ANA HD(9202)

ソフトボール用品

  1. ミズノ(8022)
  2. ゼット(8135)
  3. アシックス(7936)

販売店

  1. ゼビオHD(8281)
  2. アルペン(3028)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今なら『LINE証券』の口座開設するだけで、4,000円相当の株式を無料でゲットすることが出来ます。お手持ちのスマートフォンより約5分で手続きができますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

▼LINE証券についてもっと知りたい方向け▼

【LINE証券】口座開設前に確認しておきたいメリット・デメリットLINE(ライン)アプリ内で投資ができるLINE証券。1株数百円から投資ができる「いちかぶ」とタイムセールは投資初心者にもおすすめです。今なら口座開設といくつかのクイズに答えるだけで株式3,000円相当が無料でゲットできるキャンペーンを開催中です。...
ABOUT ME
バンビーノ
株式投資における【テーマ投資】×【気になるニュース】を発信 25歳投資家が注目するセクターやトレンドをご紹介