その他

【積雪】冬は大雪関連株に期待?狙い目の関連銘柄3選

大雪-関連株-関連銘柄

2021年も終わりに差し掛かり、冬が近づいて参りました。本記事では、大雪の間連銘柄と防災銘柄を紹介します。

「冬ってどんな株を狙ったら良いのかわからない…」
「今年は気候変動が激しそう…」

そんなあなたの悩みを解決する為、関連株をいくつかピックアップしました。もしかしたら、この中から利益が獲れる銘柄が見つかるかもしれません。ぜひ、最後までご覧下さい。

▼口座開設キャンペーン実施中▼
LINE証券は投資初心者さんにオススメです。
今なら口座開設と簡単なクイズに答えるだけで、3,000円相当の株式を無料でゲットできるキャンペーン実施中!!

今年の冬は厳冬になる可能性が高い?

まず、2021年は厳冬になる可能性が高いかもしれません。

その根拠は「ラニーニャ現象」の発生です。

ラニーニャ現象とは…太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて、海面水温が平年より低くなり、その状態が1年程度続く現象です。
(引用元:気象庁 公式HPより)

ラニーニャ現象が発生すると、寒気が流れ込みやすくなることから、冬の気温が平年よりも低くなる傾向があります。このため、地域によっては大雪となる可能性があるのです。

2021年10月18日(月)にも日本気象協会の tenki.jp さんから厳冬・ラニーニャ現象について、最新記事が出されています。詳しく知りたい方は、参考文献を載せていくので、読まれてみてはいかがでしょうか。

ということで、ラニーニャ現象が引き金となって厳冬になる可能性が高く、豪雪地域では今年も記録的な大雪となる可能性があります。

大雪・防災の関連株に注目が集まるか?

日本は地震大国である為、日々の地震情報やゲリラ豪雨の被害が報じられることが多いですが、大雪による被害も大なり小なり発生しています。

豪雪地域や大雪の影響が大きい地域では、こんな事例が考えられるでしょう。

  • 停電
  • 断水
  • 交通機関の停止
  • 住宅の倒壊
  • 路面凍結による自動車事故
  • 暖房設備による火災事故

株式市場では、上記の被害を受けやすい銘柄はリスク回避の観点から下げやすい傾向にあります。一方、除雪機器や石油に関連する銘柄は消費者思考でも注目が集まる事から、株価は良い方向に影響を受ける可能性が高いでしょう。

大雪・防災で注目が集まる銘柄

それでは、大雪の関連銘柄として注目が集まる企業を紹介します。

大雪・防災の関連銘柄一覧

証券コード 企業名 一言コメント
5962 浅香工業 除雪用ショベルで高シェア
3050 DCMホールディングス 東日本地盤のホームセンター
3191 ジョイフル本田 関東地盤のホームセンター
7516 コーナン商事 ホームセンター大手
9832 オートバックスセブン スタッドレスタイヤ販売
9882 イエローハット カー用品大手
5122 オカモト カイロなど厳冬対策
4825 ウェザーニューズ 世界首位の民間気象情報
9755 応用地質 災害対策のサイト提供

近年は雪のない地域でも積雪が発生し、実需の雪かき用シャベル需要が増えています。他にもスタッドレスタイヤ、厳冬対策商品は注目しておきたいところです。

その為、厳冬の影響でホームセンター銘柄が物色されやすいかも知れません。

しかし、近年は大きな地震の発生も多く見受けられます。その為、災害情報の関連銘柄の物色が進む可能性も高いでしょう。

防災-株
防災関連銘柄で地震・台風などのリスクオフに備える「防災」関連銘柄は地震やゲリラ豪雨、台風が発生するたびに注目される投資テーマです。能美防災【6744】は防災機器の国内シェア1位の筆頭関連銘柄です。他にも、防災関連銘柄の一覧表をもとにおすすめの関連株をピックアップしました。...

おすすめの大雪・防災銘柄3選

ウェザーニューズ【4825】

ウェザーニューズは民間において世界最大手の気象情報企業です。同社の気象情報サービスは、航空や鉄道業界などへ気象情報を提供から、報道用の天気予報コンテンツ制作と、幅広いサービスを展開しています。

あらゆる業界で欠くことのできない気象情報は参入障壁が非常に高いです。また、温暖化の影響もあってか、気候変動は年々大きな問題となっています。

こうした背景から、気象予測など活躍機会は幅広いでしょう。気候変動の激化に伴う、ユーザー増加に期待したいですね。

ウェザーニューズ-株
(出典:Trading View 株価チャートより)

コーナン商事【7516】

コーナン商事はホームセンターの大手企業です。

普段、目にする機会が多い企業の1つかも知れません。積雪が確認された際、シャベルや除雪用品を購入できる店舗に向かいますよね。

そこで販売を行なっているのがホームセンターです。中でもコーナン商事は昨今の DIY需要もしっかり取り込み業績を伸ばしています。

ホームセンターの関連株で比較すると、株価パフォーマンスが1番高く、中期的な視点で見ることができます。その為、今回はホームセンター銘柄の中でも、コーナン商事をピックアップして紹介させていただきました。

コーナン商事-株
(出典:Trading View 株価チャートより)

浅香工業【5962】

浅香工業はシャベル市場の国内シェアを5割も占めています。他にも除雪用品や災害用品など幅広い商品を扱っています。

浅香工業は大雪関連銘柄として広く知られています。

その理由は過去の値動きにありそうです。
2017年はラニーニャ現象が発生し、大雪が続いていました。その実需から、同社の株価は大きく上昇する結果となっています。

浅香工業-株
(出典:Trading View 株価チャートより)

ラニーニャ現象の影響で大雪が続き、株価が大きく上昇した。

まとめ

本記事では大雪の関連銘柄と防災銘柄について紹介しました。

  • 2021年は厳冬になる可能性が高いと予想されています。
  • 根拠は「ラニーニャ現象」の発生が起こした過去の出来事です。

もし、2021年も同現象が発生した場合は大雪のリスクが高まります。今のうちに先回りテーマの銘柄を見つけて、利益を狙っていきましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

今なら『LINE証券』の口座開設するだけで、3,000円相当の株式を無料でゲットすることが出来ます。お手持ちのスマートフォンより約5分で手続きができますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

▼LINE証券についてもっと知りたい方向け▼

【LINE証券】口座開設前に確認しておきたいメリット・デメリットLINE(ライン)アプリ内で投資ができるLINE証券。1株数百円から投資ができる「いちかぶ」とタイムセールは投資初心者にもおすすめです。今なら口座開設といくつかのクイズに答えるだけで株式3,000円相当が無料でゲットできるキャンペーンを開催中です。...

参考文献

tenki.jp 最新記事:https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2021/10/18/14522.html#sub-title-d 

ウェザーニューズ:https://weathernews.jp/

ABOUT ME
バンビーノ
株式投資における【テーマ投資】×【気になるニュース】を発信 25歳投資家が注目するセクターやトレンドをご紹介