テーマ銘柄

【日本株】五輪新種目のスケートボード関連銘柄をご紹介

スケートボード-関連銘柄
バンビーノ
バンビーノ
こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。

現在、東京五輪2020でスケートボード競技が初採用となりました。

今回の東京2020では、日本人が初代チャンピオンになったこともあり、これからの五輪でもメダル獲得に期待が高まります。

皆さんはスケートボード関連銘柄と聞いて思い浮かぶ企業はありますか?
この質問に即答できる人は少ないのではないでしょうか。

そこで、本記事ではスケートボード関連の日本株についてまとめました。

この記事を読んでわかること

①東京五輪の活躍選手について
②スケートボード関連銘柄について

東京五輪で金メダルを獲得した選手について

まず、東京五輪2020でスケートボード競技の初代チャンピオンに輝いた選手に注目していきましょう。

ストリート種目で活躍されたのは、堀米 雄斗(ほりごめ ゆうと)選手です。

堀米雄斗
(引用元:堀米 雄斗さん Twitterより抜粋)

堀米選手は1999年生まれで22歳の若手ホープになります。
東京都江東区出身、所属はXFLAGです。

  • 堀米選手は6歳からスケートボードを始めました。
  • 元スケートボード選手であった父親のコーチングをうける日々を過ごしています。
  • 高校卒業後にアメリカへ活動拠点を移しました。

XFLAGとは…株式会社ミクシィのエンタメ事業会社になります。
提供サービス:アプリゲーム「モンスターストライク」など

Monster-strake(モンスト)
(出典:モンスターストライク公式サイトより(2021/7/25))

選手を支えるスポンサー企業について

堀米雄斗選手のスポンサー企業とは

今回、初代チャンピオンとなった堀米選手は”スケボー界の至宝”とも言われており、以前より多くの企業がスポンサーとして選手活動を支援しています。

その企業規模も大中小問わず、長く関わりのある企業が多いようです。
堀米選手のスポンサー企業については、以下の通りです。

  1. ムラサキスポーツ(非上場)
  2. XFLAG(ミクシィ)
    ミクシィは「モンスターストライク」の提供事業者として知名度が爆発的に上がりましたが、最近はスポーツ産業に力を入れています。現在は、バスケットボールやサッカー界にスポンサー企業として参画しています。
  3. NIKE
    ナイキ(NIKE)は世界を代表するアパレルブランド企業です。本記事をご覧いただいている方の中でも、ナイキを知らない方はいないのではないでしょうか。堀米選手は公の場でNIKEのジャケットやシューズを着用して出演しています。
バンビーノ
バンビーノ
ムラサキスポーツは非上場企業なんですね。それにしても、スケボー界の至宝という異名はすごいです…。

少し話は変わりますが、東京五輪の競技種目には「ストリート」と「パーク」が採用されています。金メダルを獲得された堀米選手は「ストリート」種目の選手です。

スケートボード関連銘柄を見る上では、「パーク」選手についても知る必要があります。ですので、パーク種目の注目選手について見ていきましょう。

平野歩夢選手のスポンサー企業とは

何といっても、「パーク」の注目選手は平野歩夢 選手でしょう。
平野選手は前回の冬季オリンピックでハーフパイプで2大会連続銀メダルを獲得したことでも知られています。

平野歩夢
(引用元:平野歩夢さん Twitterより抜粋)

平野選手のスポンサー企業については、以下の通りです。

  1. 住友ゴム林業
    住友ゴム工業のタイヤブランド「FALKEN」が正式スポンサーになります。同社はTEAM FALKENを発足する際に、平野歩夢選手、中村輪夢選手(BMXフリースタイル)、松本遥奈選手(スノーボード・ハーフパイプ)とスポンサー契約を締結しています。多くの選手と関わりが深いため、関連性の高い企業と位置付けられそうです。
  2. NIKE
    ナイキ(NIKE)は堀米選手と同様、平野選手のスポンサー企業です。平野選手はジャケットやプレイする際のシューズなどでナイキ製品を使用しています。
  3. バートン・スノーボード(非上場)
    平野選手は小学4年生で「バートン」とスポンサー契約を結んでいます。バートンは残念ながら非上場企業ですが、最古参のスポンサーとして知られています。
  4. ファーストリテイリング(UNIQLO)
    過去には平野選手モデルのダウンパーカーを販売したこともあるアパレル企業です。UNIQLOの公式サイトにも、平野選手が様々なシーンで服を着用しているシーンが掲載されています。
  5. Monster Beverage(非上場)
    「モンスターエナジー」というドリンクを提供している企業です。コンビニでも取り扱いが増えていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。街の中心街では、お姉さんが無料でドリンクを配っている光景も見ることができます。

Monster Energy
(出典:モンスター・エナジー公式サイトより)

スケートボード関連銘柄について

これまで選手に注目してきましたが、関連銘柄をまとめたいと思います。

ミクシィ<2121>

ミクシィ(2121)はストリート部門の初代チャンピオンに堀米選手の所属先になります。

株価は長年ヨコヨコとなっていますので、今回の材料で一時的に噴き上げることも予想されます。ただ、業績に関する材料が少なく「モンスターストライク」をはじめとしたエンタメ事業が約84%の売上構成比率となっていますので、緊急事態宣言後の業績予測が立てづらいです。

ミクシィ-株価チャート
(出典:Yahoo!ファイナンス 株価チャートより)

ファーストリテイリング<9983>

ファーストリテイリング(9983)は世界的アパレルブランドUNIQLO(ユニクロ)を展開する大手企業です。最近は若者に人気の高いGUにも注力し、SNSマーケティングも積極的に行なっています。

同社の業績については昨今の在宅需要もあり、大きく伸ばしています。しかし、株価が72,000円を超えていますので、個人投資家は気軽に手が出せないでしょう。また、株価が値下がり傾向の「落ちるナイフ」状態であることは懸念点です。ファーストリテイリングを検討されている方は、株価が反転上昇するタイミングを待つことをお勧めいたします。

ファーストリテイリング(9982)株価チャート
(出典:Yahoo!ファイナンス 株価チャートより)

住友ゴム工業<5110>

住友ゴム工業(5110)はパーク競技に出場する平野選手のスポンサー企業になります。正式には住友ゴム林業ではなく、タイヤブランド「FALKEN」として選手活動を支えています。

株価は下落が一服して反転上昇し始めていますので、これからの株価成長が楽しみな企業です。他にも多くのスケートボード選手とスポンサー契約していますので、隠れ関連銘柄として人気が集まる可能性もありそうです。

住友ゴム工業株価チャート
(出典:Yahoo!ファイナンス 株価チャートより)

まとめ

スケートボードには競技種目が2種類存在します。
・ストリート…堀米雄斗選手
・パーク…平野歩夢選手

その中でもスポンサー企業として注目したい企業は以下の3つ

  1. ミクシィ(2121)
  2. ファーストリテイリング(9983)
  3. 住友ゴム工業(5110)

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今なら『LINE証券』の口座開設するだけで、3,000円相当の株式を無料でゲットすることが出来ます。お手持ちのスマートフォンより約5分で手続きができますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

▼LINE証券についてもっと知りたい方向け▼

【LINE証券】口座開設前に確認しておきたいメリット・デメリットLINE(ライン)アプリ内で投資ができるLINE証券。1株数百円から投資ができる「いちかぶ」とタイムセールは投資初心者にもおすすめです。今なら口座開設といくつかのクイズに答えるだけで株式3,000円相当が無料でゲットできるキャンペーンを開催中です。...
ABOUT ME
バンビーノ
株式投資における【テーマ投資】×【気になるニュース】を発信 25歳投資家が注目するセクターやトレンドをご紹介