日本株

【現在】ミクシィの成長戦略と株価の将来性を考察する

ひっぱりハンティングのゲームアプリ『モンスターストライク(通称、モンスト)』で一斉を風靡した企業、ミクシィが新事業で業績を急拡大させています。

株式位会社ミクシィはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である『mixi』を運営していましたが、2021年まで売上高のおよそ8割が『モンスト』などのエンターテイメント事業を占めています。

しかし、最近ではスポーツ事業に注力していることが話題となっています。

本記事では、ミクシィが注力する事業内容と株価を含めた将来性について書かせていただきます。

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券 

ミクシィの基本情報

まずはミクシィの基本情報から確認していきましょう。

企業情報

会社名株式会社ミクシィ(証券コード:2121)
事業内容SNS及び求人広告事業
所在位置東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
設立日1999年6月
資本金96億9,800万円
代表取締役木村 弘毅

ミクシィは”ユーザーサプライズファースト”を企業理念に掲げ、エンターテイメント中心の事業を手がけています。

社名にもなっている『mixi』は一時代を築いたSNSですが、今はその影を潜めています。

冒頭でも述べた通り、21年度の売上高はおよそ8割が『モンスト』を中心としたエンターテイメント事業で稼いでおり、スポーツ事業の成長が喫緊の課題となっています。

収益の柱『モンスターストライク』

モンスターストライク(出典:モンスターストライク公式HPより)

株式会社ミクシィ(2121)が提供するゲームで、長期ヒット作と呼べるのが『モンスト』です。

モンストは2013年ローンチされたスマートフォンアプリで多数作品とのコラボ実績があります。

現在は総ダウンロード数が5,600万を超え、スマホゲームで指折りのヒット作と言えるのではないでしょうか。

歴代のスマホゲームでは『Fate/Grand Order』やガンホー・オンライン・エンターテイメントが手掛ける『パズル&ドラゴン』などが上位ゲームとして挙げられますが、モンストも歴代トップ3位を争う人気ゲームです。

バンビーノ
バンビーノ
筆者も高校生の時、よく昼休みにプレイしていました。
ワークマンの将来性
【将来性】ワークマンの事業内容とデータ経営の凄さとは?「高品質・低価格」という新しい市場を切り開き、かつては作業着メーカーであったワークマンが業績を拡大しています。 ワークマンは企業ミ...

スポーツ事業の成長に期待

ミクシィはスポーツ事業に積極的な姿勢を見せています。

例えば、2020年ローンチの『TIPSTAR』は365日ライブ配信される競輪をネット投票することができます。

このサービスは、スマートフォン用のアプリケーションです。

『TIPSTAR』では日本各地の競輪・オートレースのライブ配信が365日流れており、タレントが3人1組となって最終レースまで配信を行うのが特徴です。

競輪場内からの中継はレースと選手紹介に限定されていることから、タレント目当ての参加も増えそうです。

なお競輪による事業収益については、TBSの「がっちりマンデー」でも特集されました。

TIPSTAR(ティップスター)は、JKAと株式会社ミクシィの提携で展開しているスマートフォン用の競輪・オートレースのインターネット投票アプリケーション、およびその運営会社である。

メタバース
日本のメタバース企業と仮想空間が注目される理由Facebookの創業者であるザッカーバーグが突如、社名を「Meta」に変更すると発表したことで仮装空間に対する期待感が非常に高まってい...

今後の成長戦略について

ミクシィ(出典:ミクシィ 公式IR資料より抜粋)

ミクシィの中期経営計画(以下、中経)の方針では「エンタメ×テクノロジーの力で、世界のコミュニケーションを豊かに」と掲げられています。

そのため、人々が熱狂する施設やサービスへの先行投資が積極的に行われています。

しかしながら、ミクシィといえば『mixi』というSNSの印象が強いのではないでしょうか。

同社の決算資料においてもミクシィ=SNSの会社というブランドイメージの脱却が課題として挙げられています。

スポーツ市場に熱視線を送る理由

先ほども取り上げましたが、ミクシィが強烈な熱視線を送るのが「スポーツ市場」です。

公営競技を含めたスポーツ市場は規模が大きいだけでなく、成長余地があり、サステナビリティが高い魅力的な市場だと考えているようです。

『チャリロト』や『net keirin』など競輪関連の事業展開は、今後のミクシィを支える成長産業になる可能性があります。

もし、現時点でmixiへの投資を考えていない方がいるなら、ミクシィが「隠れアフターコロナ銘柄」であることは覚えておきたいものです。

ミクシィの将来性について

DAZN MOMENTS(出典:DAZN MOMENTS 公式HPより抜粋)

ミクシィは競輪アプリの『TIPSTAR』が想定以上に成長しており、直近の決算ではプロサッカーの「FC東京」運営会社の子会社化も発表しています。

そのため、同社のスポーツベッティング領域は今後も成長拡大すると予想しています。

またDAZNと共同でスポーツ特化型のNFTマーケットプレイス「DAZN MOMENTS」を22年春提供開始予定であることが開示されています。

昨今はエンターテイメント系の企業が揃ってNFT事業の参入表明を行なっていますので、スポーツ事業で強みを持つミクシィの成長は今後も楽しみです。

直近の株価について

株式会社ミクシィ(2121)は現東証1部に昇格したばかりの企業です。

4月の東証再編後は「プライム市場」に市場変更すると情報開示されていますから、高いガバナンスを持って成長維持してほしいと思います。

各指標については下記の表を参考にされてみてください。

株価2,197円信用倍率4.18倍
PER18.2倍外国人保有率21.9%
PBR0.88倍回転日数13.30
配当110円時価総額1,719億円

総括

今回はスポーツベッティング領域にビジネス展開を拡大している「ミクシィ」を紹介させていただきました。

少しでもあなたの投資の参考になれば幸いです。

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

https://bambino-kabu.com/wealthnavi/ 

ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。