個別銘柄

家族の健康を支えるカラダノートの事業内容と将来性について

日本は少子高齢化社会が深刻な問題となり、新生児の数は減少傾向の一途を辿っています。また単身世帯の増加についても増加傾向にあり、晩婚化なども1つの社会問題です。

このような社会状況を打破するべく、ライフサイクル向けのサービスが国内でも乱立しています。そんな状況下でも家族の健康にサービスを次々と展開する新興企業があります。それが「家族の健康を支え笑顔をふやす」を会社ビジョンに掲げるカラダノート(4014)です。

本記事ではカラダノートの事業内容と今後の将来性について書かせていただきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

LINE証券

\\ スマホ特化型の証券会社 //
今なら3,000円相当の株を無料でプレゼント!

カラダノートは健康関連サービス会社

まずはカラダノートの特徴について見ていきましょう。

企業情報

会社名株式会社カラダノート(証券コード:4014)
事業内容子育て&ヘルスケアアプリの開発・提供
所在位置東京都港区芝浦3-8-10 MA芝浦ビル6階
設立日2008年12月
資本金2億9,446万円
代表取締役佐藤 竜也

カラダノートは「家族の健康を支え笑顔を増やす」を会社ビジョンに掲げ、子育て世代や初孫世代をターゲットにアプリケーションの提供、保健代理業を行なっています。

アプリ側の事業においては妊娠初期から出産後まで幅広く事業展開されていますので、あなたも知らず知らずのうちに使っていたなんて経験があるかも知れませんね。

カラダノートが手掛ける3つの事業とは?

カラダノート(出典:カラダノート 公式IR説明会資料より抜粋)

続いてはカラダノートが展開する事業内容もみていきましょう。執筆時点(2022年2月)でカラダノートは3つの事業を展開しています。

まず、1つ目は個人顧客向けの家族サポート事業です。こちらは子育て世代及び初孫世代をターゲットとしたアプリ開発・提供を行う事業内容です。例えば、妊娠出産のライフステージを迎えた利用者には「子育て生活の記録や共有」を目的としたアプリ提供を行っています。

最終的には関心の高いユーザーへ保険の見直しや宅配水を提案し、全体的なマーケティングの非効率を解消することが可能にしています。

2つ目は法人顧客向けのDB(データベース)マーケティング事業です。こちらは子育て世代及び初孫世代をターゲットとしており、カラダノートのサービス利用で集まったデータ(ファミリーデータベース)を提携先に提供し、利用者と提携先のマッチング支援を成果報酬で受け取っています。

最後の3つ目は法人顧客向けのDX(デジタルトランスフォーメーション)推進事業です。大手企業向けの営業マーケティング支援として、データの利活用を保険会社・金融機関向けに提供することで収益を得ています。

ストック型のビジネスモデルにも注力

カラダノート(出典:カラダノート 公式IR説明会資料より抜粋)

上場当時のカラダノートはライフイベントに関するDBマーケティングが主力事業でした。DBマーケティング事業の収益源は利用者のマッチング件数が重要になることから、ビジネスモデルはほとんどがフロー型でした。

しかし、昨今は個人向けの家族サポート事業や法人向けのDX事業において、積極的なストック型ビジネスへ移行を進めています。

その結果、ストック売上比率はQoQで約2倍、半年前比較で6倍まで拡大し、今期末でストック売上比率30%を目標としています。将来的にストック型収益が増えれば、解約率を気にする必要がありますが、上手く舵取りしてビジネス展開できているのは評価ポイントかと思います。

・上場当時はフロー型が100%
・ストック型ビジネスを強化中

メルカリ-将来性
【最新】メルカリ(4385)の事業内容と成長可能性を紐解く日本の2次流通市場は拡大しており、最近は高齢者も不要なものを出品する時代となりました。そんな2次流通で大きな経済圏を展開するのが、テレビ...

これからの将来性について

続いてはカラダノートが手掛けるサービスの将来性を見ていきましょう。

カラダノートは急成長企業!?

カラダノート(4014)(出典:カラダノート 公式IR説明会資料より抜粋)

これまでのカラダノートは脅威の成長を遂げてきました。特に上場後も高い成長性を維持してきたことは評価ポイントです。しかし、2022年度以降は中長期的な成長を見据えてCAGRの目標30%と設定しています。

また先ほども述べた通り、カラダノートは従来のフロー型ビジネスからストック収益比率の向上など積極的な構造転換を実行していますので、これからの成長に期待が高まりますね。

バンドッグ
バンドッグ
CAGR30%も十分すぎる成長率ではないでしょうか。会計サービスのマネーフォワードもCAGRは30〜40%程度です。

CAGR(年平均成長率)とは、複数年にわたる成長率から、1年あたりの幾何平均を求めたもの。例えば、100百万円の売上高が3年間で160百万円に伸びたときの、3年間の平均成長率を考える。

(引用元:グロービス経営大学院 CAGR)

日本社会の問題と向き合うビジネスである

(出典:カラダノート 公式IR説明会資料より抜粋)

人生100年時代と言われる、現代においてカラダノートが手掛けるライフイベントを起点としたサービスは大きな社会課題に直接向き合うことになります。そういった意味でも、同社のサービスは社会的にとても意義のある事業と言えるのではないでしょうか。

また説明会資料などにも掲載されている内容ですが、これからは公的介護や医療などを総称したシックケアから健康予防や健康管理といったヘルスケア分野に市場が移動していくと予想されます。

ヘルスケア市場が安定成長するという事は同社の事業成長並びに事業安定性につながりますから、マクロな視点から投資などを検討する必要がありそうです。

その他の関連銘柄

【原油高騰】INPEXの将来性と気になる事業内容をチェック ロシア・ウクライナ問題が資源価格の高騰を起こしていることをご存じでしょうか。原油価格が高騰すれば、株式市場に混乱をもたらす可能性...
mixi-ミクシィ
【復活】ミクシィの成長戦略と将来性がすごい件ひっぱりハンティングのゲームアプリ『モンスターストライク(通称、モンスト)』で一斉を風靡した企業、ミクシィが新事業で業績を急拡大させてい...
【新規上場】家事代行プラットフォームCasyの事業内容と将来性家族の在り方は時代の変化と共に大きく変化しています。かつては結婚した子供世帯と親世帯が同居する大家族の形態が見られましたが、昨今の都市部...

直近の株価水準について

2022年2月時点での株価になります。
(※最新情報は こちら で確認頂けます)

karadanote-カラダノート(出典:株探 カラダノート(4014)の株価チャートより)

カラダノートは上場して間もない企業ですが、昨今の地合いもあってか安値水準を割ってしまっています。またテクニカル的にも、下落トレンド入りしているように見えます。

これは株主がほぼ全員「含み損」になっている状態なので、ここからの上昇に期待したいです。ただ、個人的な主観として事業成長の計画に対して株価がついてきていないような印象も受けます。

これから継続的な成長が見込める確信がある方は安い時に仕込んでみるのも面白いかもしれません。また株価指標については下記に纏めていますので参考にして見てください。

株価1,111円信用倍率-倍
PER39.1倍外国人保有率3.4%
PBR7.11倍回転日数9.5
配当0円時価総額70億円

総括

いかがでしたでしょうか。

本記事ではカラダノート(4014)の事業内容と今後の将来性について書かせていただきました。少しでもあなたの投資にお役立ちできていれば嬉しい限りです。

・投資判断は自己責任でお願いします

LINE証券のお得なキャンペーン

ここまで見て下さった皆様へお得なキャンペーンをご紹介させてください。

LINE証券
【LINE証券】口座開設前に確認しておきたいメリット・デメリットLINE(ライン)アプリ内で投資ができるLINE証券。1株数百円から投資ができる「いちかぶ」とタイムセールは投資初心者にもおすすめです。今なら口座開設といくつかのクイズに答えるだけで株式3,000円相当が無料でゲットできるキャンペーンを開催中です。...

今ならLINE証券の口座開設と簡単なクイズに回答するだけで『3,000円相当の株が無料でゲットできる』キャンペーンを実施中!

\\ LINE証券 の口座開設//

まだまだ駆け出しブロガーですが、1人1日1回投票できますので、気が向いた際に投票用バナーを押して頂けると大変励みになります。

稼ぐブログランキング

それでは、今後とも応援よろしくお願いいたします。

ABOUT ME
バンビーノ
20代サラリーマン投資家。早期FIREすることを目標にブログ・SNSを運営中。20代で資産1,000万円到達しました!仕事依頼はお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。