日本株

FRONTEO(フロンテオ)の事業内容と将来性を分析しよう

2022年前半戦は米国や日本も大きく株価を下げており、株式市場には今後を不安視する声が増えてきました。

また、米国や欧州などはインフレが止まらないことから、金融引き締め(QT)に積極的な姿勢を見せており、株式市場へ悪影響を及ぼす可能性が示唆されています。

このような背景から昨今は短期的な投資や投機筋が散見されますが、こんな相場だからこそ、仕込んでおきたいのが「将来性のある成長企業」です。

本記事では注目度の高い”AI(人工知能)”を活用したサービスで投資家から注目を集めるFRONTEO(以下、フロンテオ)の事業内容や将来性について考察します。

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券 

フロンテオはAI支援サービス企業

まずはFRONTEO株式会社の基本情報から見ていきます。

企業情報

会社名FRONTEO株式会社(証券コード:2158)
事業内容AI活用による業務効率化の支援
所在位置東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル
設立日2003年8月
資本金29億7,397万円
代表取締役守本 正宏

FRONTEO株式会社(2158)は「BRIGTH VALUE」を企業理念に掲げ、自然言語を解析するテクノロジーAIを活かして、金融や医療、時には法律分野で起きる業務を効率化するサービスを展開しています。

株主構成においては、ITサービス及びシステムインテグレーションを手掛ける、フォーカスシステムズ(4662)が社長に次ぐ筆頭株主となっていることが特徴となっています。

主な事業内容は2つに分類されます。

①リーガルテックAI事業

②AIソリューション事業

これから1つずつ事業を紐解いて内容を深堀りしていきたいと思います。

①リーガルテックAI事業とは?

(出典:FROTEO 公式HPより一部抜粋)

まずは事業内容①で挙げた主力事業「リーガルテックAI」について説明していきます。

リーガルテックAIは人工知能とデジタルフォレンジック技術を活用した電子証拠開示支援、不正検知調査など官公庁・国家機関向けのソリューションとなっています。

同社にしかない差別化ポイントは、フロンテオが独自開発した日本初の人工知能エンジン「KIBIT」です。

「KIBIT」は人工知能のLandscapingと行動情報科学を組み合わせたAIエンジンとなっており、判断力や情報選択を人間並みのレベルで行うことが出来ます。

主な学習方法としてはテキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶことで、判断力や情報選択能力を日々養っています。

6G
【2022年版】第6世代移動通信(6G)で活躍が期待される日本企業とは?VRやAR、メタバースなど5Gの本格的なサービスが続々と発表されており、私たちの生活はこれから大きく変わるでしょう。 しかし、そん...

②リーガルテック事業の実績

リーガルテックAI-FRONTEO(出典:FROTEO 公式HPより一部抜粋)

現在「KIBIT」をはじめとしたリーガルテックAIは官公庁・国家機関向けのソリューションとして提供されています。

主な実績の1つ目は国際訴訟におけるディスカバリーです。

AI活用による国際訴訟のeディスカバリーは現時点で8,400件以上の対応件数を超えるまでスケールしてきました。

実績の2つ目は不正検知などのインシデント調査です。

フロンテオはインシデント調査のリーディングカンパニーとして、スマートフォンやPCなどのデバイス機器やシステム内のビッグデータ解析まで多岐にわたって活躍しています。

3つ目は官公庁・機関向けのトレーニングです。

フロンテオはインシデント調査として高いパフォーマンスを出すだけに留まらず、ソフトウェアの製造、販売、トレーニングをトータル提供している一面もあります。

国際訴訟における証拠の発見という妥協の許されない業務において、FRONTEOは「KIBIT」を開発しました。限られた時間の中で大量のテキストデータから証拠となるデータを見つけなければなりません。そのようなリーガル事業で培われ、発展した「KIBIT」は、専門家の経験や勘などの「暗黙知」を学び、人の思考の解析から、未来の行動の予測を実現します。

(引用元:FRONTEO KIBITの特徴より)



③AIソリューション事業とは?

(出典:FROTEO 公式HPより一部抜粋)

続いては第2の柱である「AIソリューション」について説明していきます。

AIソリューションは売上高において2番目に大きな事業となっており、将来的に他業種へのスケールが期待されています。

現在のサービス提供としては顧客が持つデータを収集、分析、報告することで「意思決定」の支援をサポートしています。

日本企業はデータ分析を苦手とする人も多く、経営層向けのサービスとして大企業を中心に拡大が進んでいます。

また、AIソリューション事業においてもチャットボットやテキストマイニングなどに”暗黙知”の要素を加えることで競合他社にはない差別化を実現しています。

暗黙知(あんもくち、英: Tacit knowledge)とは、経験的に使っている知識だが簡単に言葉で説明できない知識のことで、経験知と身体知の中に含まれている概念。例えば微細な音の聞き分け方、覚えた顔を見分ける時に何をしているかなど。

(引用元:Wikipedia 暗黙知)

住信SBIネット銀行-NEOBANK
【日本株】住信SBIネット銀行の事業内容と将来性について東京証券取引所は2月15日、インターネット専門銀行「住信SBIネット銀行」の新規上場を承認しました。 一度は上場延期を発表したもの...

今後の将来性や成長可能性

次はフロンテオの将来性や成長可能性についてもみていきましょう。

各事業が均等な成長を遂げる未来を描いている

(出典: FRONTEO 説明会資料より一部抜粋)

フロンテオは将来的な売上構成として、AIサービスの売上高が急速に拡大する予測を開示しています。

また、本資料において注目したい点は各事業が「均等な成長」を実現すると見込んでいるところではないでしょうか。

ライフサイエンス事業などの成長が著しいのは勿論、現時点で主力の売り上げを誇るリーガルテックAI案件を差し置いて、他のAIサービスが追い抜く予測になっているのは凄い成長性だなと感じます。

これからフロンテオは将来的な「ステージ4」の実現に向けて、事業構造を大きく変革させるフェーズであり、株価を押し上げるような材料が多く出てきそうです。

ただし、AI関連銘柄は個人投資家が触りやすい人気テーマなので、何かしらのIRニュースをきっかけに過剰な反応しているときは、中期的なシナリオを描いたうえで取引したいですね。

【最新】第3四半期決算のまとめ

また最新決算では22年期の第3四半期決算を発表しました。

簡潔にまとめると、売上高は堅調に成長しており事業に安定感が伺えます

前年は通期赤字決算でしたので、黒字転換すること自体は市場からも好感されそうです。

特に経常利益が前年比で21倍という脅威の数値となっており、通期計画に対する進捗率も82.5%と順調な様子であることが見て取れます。

詳しい数値についても見ていきましょう。

FRONTEOの最新決算

  • 売上高:85億2,200万(+12.7%)
  • 営業益:13億9,300万(+21倍)
  • 経常益:14億300万
  • 四半期益:9,300万

しかしながら、まだまだ売上高成長のインパクトは弱いようにも思います。

これから事業構造を大きく動かす為には、一時的な利益の圧迫もやむを得ませんので、そういった意味でも個人的にもトップをもう少し拡大させてほしいなと感じます。

直近の株価について

2022年2月時点での株価になります。
(※最新情報は こちら で確認頂けます)

(出典:株探 FRONTEO 株価チャートより)

FRONTEO株式会社(2158)は現東証マザーズ市場で時価総額630億円を誇る新興企業です。

各指標については下記の表を参考にされてみてください。

あくまで筆者の主観ですが、株価は割高水準であるように思います。

最近の日本市場は成長株(グロース株)よりも高配当・割安株に資金が流入しています。

その為、東証マザーズ銘柄の株式を買うのは、慎重に判断したいです。

株価1,618円信用倍率1,124倍
PER57.8倍外国人保有率2.6%
PBR11.28倍回転日数3.8
配当7円時価総額636億円

総括

本記事はAI関連サービスを手掛ける”FRONTEO(フロンテオ)”に焦点を絞り、記事を書かせていただきました。

筆者の個人的な感想としてはグロース株への資金流入が昨今は期待できない為、信用取引等でのお取引はあまりお勧めしません。

将来的な事業拡大や構造変革に期待する投資家は、現物として長期ホールドを続けるくらいの心づもりが良いのではないかと感じます。

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。