米国株

【米国株】急成長市場のフェムテック関連銘柄

【米国株】フェムテック(FemTech))

突然ですが、フェムテック(FemTech)という言葉を耳にする機会が増えていませんか?

フェムテックは女性の健康問題をテクノロジーで解決するサービスの総称です。

日本社会は長年「男尊女卑」と言われ、女性の社会活躍に対して厳しい目が向けられていましたが、最近は女性の社会活躍が推進されるような風潮に変化しています。

これらの動きは日本だけでなく、グローバル規模で起きています。

しかし、女性の社会活躍を推進する企業やサービスと急に言われても、どのようなものがあるかイメージしづらいですよね。

そこで本記事では、フェムテック(FemTech)の基本概要と関連銘柄を紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

本記事を読めば分かること

  • フェムテックとは?
  • 女性×テクノロジーの造語である
  • フェムテック関連銘柄(米国株)

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券 

フェムテックは月経や妊娠などに寄り添う新しい市場

フェムテックは女性×テクノロジーの造語

フェムテック(FemTech)は、女性(Female)とテクノロジー(Technology)を掛け合わせた造語になります。

フェムテックは女性の健康問題をテクノロジーで解決するサービスです。

現在、フェムテックを推進しようとする動きが世界中で流行しています。

日本政府でも、内閣府が公表している「経済財政運営と改革の基本方針2021(骨太方針)」でフェムテックの推進が盛り込まれています。

日本政府がフェムテックを推進する背景には、少子高齢化により働き手として女性が働ける環境作りが不可欠になっていることもあるでしょう。

世界中で女性の社会活躍が大きなキーワードになっていることは覚えておいてください。

フェムテックは女性×テクノロジーの造語

  • 政府の基本方針でも後押し
  • 女性活躍の推進が世界的な流行
  • 女性が働き手として求められている

フェムテック市場は11.1%のCAGRで急成長する

フェムテック(FemTech)市場は、多くの女性を悩ませる月経や妊娠、出産に関する女性特有の課題に寄り添う新しい市場です。

これまでなかった市場であるため、ここ数年で市場規模が急成長すると言われています。

株式会社グローバルインフォメーションの市場調査レポート「フェムテックの世界市場(2022年~2030年)」によれば、フェムテック市場は11.1%のCAGR(年平均成長率)と予測されています。

その場合、2030年にはフェムテックの市場規模が約1兆8,000億円(131億米ドル)に達します。

これだけ市場規模が成長する理由には、女性の健康意識の高まりが後押ししているでしょう。

  • 2018年時点の市場規模は約1兆8000億円
  • 市場規模は今後 3.1 倍に成長する

海外と比較した日本のフェムテック市場は?

急速な市場規模の拡大が望めるフェムテック(FemTech)市場ですが、世界と比較して日本社会はどうでしょうか。

日本におけるフェムテックは、世界と比べて大きく遅れをとっています。

「世界ジェンダーギャップ報告書」によると、各国における男女格差を測るジェンダーギャップ指数は日本が156ヵ国中120位と先進国の中で最低レベルとなっています。

政府が掲げる基本政策も拝見した結論として、日本では超高齢化社会の到来は避けられない社会現象となります。

そのため、日本は女性の社会活躍が欠かせません。



女性投資家によってフェムテック市場は成長する

フェムテック市場の急成長に欠かせないのが、女性投資家の存在です。

なぜなら、フェムテック市場は女性特有の悩みだからです。

資産運用や投資をする際、常にマーケットインの思考で細かい変化を感じとるのは、重要な要素となるでしょう。

そのため、フェムテック市場への投資は、ユーザー視点に立ちやすい女性投資家の意見がすごく重要になるのです。

女性投資家が増えている?

下記の情報は、三井住友カードがスポンサーとなっている投資に関するアンケート結果になります。(対象サイト:LikeU

今回のアンケートについては、対象データを20〜30代の女性500名を対象としているのですが、投資をしている女性は48.6%もいることが分かります。

なお、アンケート調査によると投資をされている女性のセグメントは株式投資と投資信託が大半を占めていることが分かります。

新型コロナウイルス感染症の影響で、最近は20代の投資家が急速に拡大していると言われています。

本記事を書いている私も20代ですが、身の回りで投資を始めたという声を聞くことが多くなりましたので、女性投資家はこれからも緩やかに増えていくのではないでしょうか。

(出典:あなたらしさを応援するメディア LikeU)
【米国株】世界最大手のリチウム生産企業「アルベマール」の見通し欧州連合(EU)をはじめとする世界120ヶ国以上が、温室効果ガスの排出量をゼロにする目標に掲げており、日本政府も取り組みを強化しています...

フェムテック関連銘柄の紹介

フェムテック市場は急速に市場を拡大しています。

株式会社グローバルインフォメーションの市場調査レポート「フェムテックの世界市場(2022年~2030年)」によれば、フェムテック市場は11.1%のCAGR(年平均成長率)と予測されています。

その場合、2030年にはフェムテックの市場規模が約1兆8,000億円(131億米ドル)に達します。

それでは、関連銘柄をみていきましょう。

プロジニー(ティッカー:PGNY)

【米国株】プロジニー

プロジニー(ティッカー:PGNY)は、不妊症に特化した福利厚生サービスを提供しています。

近年はアメリカでも不妊症治療のニーズが高まりを見せています。しかし、保険の適用範囲外であるため、高額な費用が患者にかかることで問題視されています。

その問題をプロジニーは、福利厚生へ組み込んでもらうことで解決に導いているのです。

現在はグローバル企業のGoogleやAmazon、Microsoftなどを顧客にもち、従業員の不妊治療を行っています。

プロジニーの優れた点は、流産する確率が平均より30%減、妊娠する確率が平均より23%高くなるといった優れた実績にあります。こうした実績から女性従業員から高い評価を得ているようです。

プロジニーのビジネスモデルは、アメリカの不妊治療専門家と患者の橋渡しを行うことで利益を得ています。

そのため、不妊治療を福利厚生とする事業者が増えることで成長が期待できるでしょう。女性の立場からすれば、福利厚生が充実している安心感ほど強いものはありません。

  • 福利厚生に不妊症治療を導入する企業が増加
  • Google、Amazon、Microsoftなどが顧客となっている

Shopify(ティッカー:SHOP)

Shopify(ティッカー:SHOP)は中規模・小規模事業者がマルチチャネル店舗を展開するため、クラウドのEコマース用プラットフォームを提供しています。

Shopifyのプラットフォームは、Eコマース上で支払い、マーケティング、出荷などを管理できます。

そのため、Shopifyは個人商店のEC化、初めて開業する方など「EC商店のノウハウがない事業者を手厚くサポートしてくれると言えるでしょう。

2020年は「フェムテック元年」と言われる、比較的新しい市場です。

フェムテック市場はこれからも大きな成長が期待できますので、新規事業者がグローバルプラットフォームとなっている Shopify を選択することが期待できます。

なぜ、Shopifyがフェムテック関連銘柄なのか?

  1. ECプラットフォームとなっている
  2. フェムテックの有名企業が利用している

Thinx-公式HPShopifyを利用する企業で有名なフェムテックがあります。

アメリカの吸水ショーツブランド「Thinx」です。

Thinxはフェムテックのパイオニア的な存在として知られています。そんなフェムテック市場のイオニア企業は社サイトではなく、Shopify を利用しています。

Shopifyを利用し続ける理由は、ヘルプデスクやマーケティングツールの利便性に魅力を感じていることがインタビューで語られています。

ShopifyはEコマース用プラットフォームにおいて、圧倒的な実績があるため、フェムテック関連企業の出店が増えると考えました。

日本風に言えば、「風が吹けば桶屋が儲かる」ということですね。

オルガノン(ティッカー:OGN)

【米国株】オルガノン・アンド・カンパニー

オルガノン・アンド・カンパニー(ティッカー:OGN)は、女性の健康改善を目的とした医薬品、製品を提供しています。

オルガノンはメルク(NYSE:MRK)からスピンオフした企業ですが、ウォーレン・バフェット率いる投資会社のBerkshire Hathawayが160万株を取得しています。

よって、バフェット効果も期待できるのではないでしょうか。

バフェット効果とは?

投資の神様ウォーレン・バフェット率いる投資会社のBerkshire Hathawayが購入の意思を示した企業(銘柄)は、世界中から注目が集まるため、株価の押し上げが期待できます。

日本の5大商社への投資を表明した際は、商社銘柄の株価が上昇しています。

まとめ

フェムテックとは女性×テクノロジーの造語

  • 政府の基本方針でも後押し
  • 女性活躍の推進が世界的な流行
  • 女性が働き手として求められている

フェムテック市場の拡大は、女性投資家の存在は欠かせません

日本でも株式投資を始めとした投資人口が増えている傾向にあります。市場規模の拡大に伴い、女性投資家の意見が多く反映される企業が少しでも増えてきたらよいなと感じます。

本記事ではフェムテック関連の米国株を3社取り上げました。

  1. プロジニー
  2. Shopify
  3. オルガノン

 

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Cooper Companies
【米国株】世界50億人の近視を救うコンタクトレンズのメーカー「クーパー・カンパニーズ」スマートフォンやゲームをはじめとするライフスタイルの変化により、視力矯正を必要する人が増えています。 世界保健機構(WHO)が公表...
アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ティッカー:ADM)のビジネスモデルと将来性
【米国株】アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)の将来性を考察食料生産の元になる穀物価格が歴史的な高騰を見せています。穀物価格が高騰は食料価格にも影響を与え始め、日本国内でも相次ぐ値上げが行われてい...
ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。