資産運用

【東京都】自宅療養中に届いた『うちさぽ東京』の中身を公開

うちさぽ東京

こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。

新型コロナウイルス感染症が急増している中、ついに同棲中の彼女と一緒に感染してしまいました。陽性者として10日間の自宅療養をしていましたが、療養期間中、東京都から届いた食料品支援物資が大変嬉しい内容でした。

現在も全国各地で感染者は拡大していますので、すでに陽性と判断されて自宅療養を余儀なくされている方、家族全員が感染して買い物に行けず不安な方の参考になれば幸いです。

本記事の内容まとめ

①東京都は対象者を変更(改悪)
②市区町村の食料品支援をチェックすべし
③若者は回復後に物資が届くかも

感染者の増加により食料品支援が行き届いていない地域もあるかも知れません。詳細はご自身がお住まいの各自治体の公式HPを確認するようにお願いします。

我が家の感染状況

7月25日7月26日7月27日7月28日7月29日7月30日7月31日8月1日8月2日8月3日8月4日8月5日
発熱
(0日目)
病院探し病院探しPCR検査陽性判定
(4日目)
10日目
彼女発熱
(0日目)
病院探しPCR検査陽性判定
(3日目)
10日目

はじめに症状がでたのは私でした。

彼女に発熱は見られませんでしたが、私がのどの痛みと発熱を発症していたことからもしかして…という思いを抱えて1日目は様子見することにしました。

翌日、彼女にも発熱症状が見られたことから病院探しに奔走しました。はじめは東京都の相談窓口『東京都発熱相談センター』に初診でも受付してくれる病院を3つほど紹介してもらい通話終了。

さらに翌日9時に電話してみると「全然繋がらない…」、100回ほど電話をかけ続けてようやく通話することに成功。しかし、どこの病院も数日先の予約まで埋まっており、新規の方はごめんなさいとお断りされてしまいました。

オンライン診療対応の病院を探す

発熱外来は「かかりつけ医」がいればスムーズのようですが、私たちのように20代で内科のかかりつけ医がいる人は決して多くありません。

しかし、『東京都発熱相談センター』に頼っていてはいつまでも「PCR検査」を受けることができないので、初診でも診療可能な病院を探すことにしました。

その結果、オンライン診療を取り入れている病院であれば、PCR検査を受けられる病院を紹介してくれるという情報に辿り着きました。

バンビーノ
バンビーノ
仕事しながらなので、病院を自力で見つけるのも一苦労です…

検査結果と保健所からの電話連絡

検査の結果

・私  ⇒ 陽性
・彼女 ⇒ 陽性

PCR検査を受けた翌日、病院から検査結果の電話連絡がありました。

病院から検査結果の連絡から暫くして、同じ日に保健所からも電話連絡を受けました。陽性と判断された場合、陽性者は「聞き取り」が行われるようです。

聞き取りされる内容

・発症時期(いつからか)
・現在の症状具合
・濃厚接触者の心当たり
・家庭感染の状況

陽性判断が行われたら考えなくてはならないのが、食料品の確保です。噂程度でしたが、東京都は自宅療養サポートとしてうちさぽ東京を設けていると聞いて申し込みしようとすると…なんと対象者が変更されていました。

2022年7月26日正午より対象者が変更され、同居されている方や知人から買い物の支援を受けられない方、またはインターネット通販や宅配サービス等での食料品の調達が難しい方など、食料の調達が困難な方とされています。

また支援される食料品が3箱⇒2箱へ改悪されています。しかし、私たちが居住している地区町村では、奇跡的に生活必需品のフォローアップが行われていましたので早速申込することに!

お住まいの地域によってはフォローアップが行われていない可能性があります。今一度、自治体の公式HPよりどんな支援が行われているのかチェックしてみましょう。

生活必需品の支援物資を公開!

それでは、気になる支援物資の内容を公開します。

お住まいの地域によっては内容が大きく異なる可能性がありますので、あくまで一例として参考になれば幸いです。

うちさぽ東京

3日分の食料品ということで段ボール2箱が届きました。上図の物資ですが感染防止の観点から「置き配」で届けられました。申し込みしてから届くまではわずか1日で届いたので、スピード感のある支援でした。

今回届いた品はスポーツ飲料、野菜ジュースの飲料類とご飯におかゆ、カップラーメンなど色々と入っていました。

個人的にはのどが痛い日が続いたので、日持ちする食糧よりも手軽に摂取できるゼリー系は非常に助かりました。

最近は全国各地で感染者が拡大しており、東京都に限っては医療崩壊が起きているとまで言われています。実際、私も発症からPCR検査を受けるまで数日要しましたし、通常よりも多くの時間がかかることは間違いありません。

また若者は「かかりつけ医」がいる人が少ないですから、支援物資が体調回復後に届く事態も発生しかねません。そのために日頃より食料品や生活必需品は蓄えておくようにしましょう。

『備えあれば患いなし』です!

まとめ

7月26日より東京都は『うちさぽ東京』の対象者を絞り込みしました。そのため、お住まいの自治体が支援物資を提供しているかは事前に把握しておくと良いでしょう。

また自宅療養期間中は自治体から届いた支援物資を活用させていただきましたが、申し込みしてから届くまで「時間差」が発生するので注意が必要です。

そのため、日頃より食料品や生活必需品は蓄えておき、積極的にネットスーパーや飲食デリバリーを活用して、自宅療養の期間を乗り越えていただけたらと思います。

サル痘関連の日本企業(関連株)
【緊急事態宣言】ウイルス感染症「サル痘」と関連企業の紹介世界保健機関(WHO)は7月23日、動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣...
ABOUT ME
バンビーノ
20代サラリーマン投資家。早期FIREすることを目標にブログ・SNSを運営中。20代で資産1,000万円到達しました!仕事依頼はお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。