テーマ銘柄

【日本株】中国依存度が高い上場企業と戦争リスクについて

ロシア・ウクライナ戦争が発生したことで世界に緊張感が増しています。

最近では、小麦や大豆の先物価格が急騰するなど株式市場は混乱の渦に巻き込まれています。

その一方で中国リスクが高まっていることを忘れてはいけません。現在、事実確認が行われている段階ではありますが、中国はロシア側に加担するという報道があります。

もし、ロシアに加担する場合は再び経済制裁を与えられる可能性があり、経済成長シナリオが大崩れするかも知れません。

本記事では中国依存度が高い企業について書かせていただきます。

「企業分析ツールは何がいいのだろう?」
という方は、『銘柄スカウター』が使えるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券

ロシアへの経済制裁について

まずはロシアが受けている経済制裁の内容などを確認していきましょう。

世界中からの金融制裁

money-SWIFT

はじめにロシアは前例がないほどの金融制裁を受けています。

具体的には国際金融通信協会(SWIFT)からロシアの銀行は締め出されるなど、貿易取引に大きな損害を与える可能性が高いと言われています。

SWIFTが運営する国際決済ネットワーク「SWIFTNet」は、金融機関間の送受金を指示するメッセージを伝送するための取引網となっています。

この制裁を後追いする形で世界的に有名な決済会社のVISA、MasterCard、American Express、Apple、Googleはサービス制限を次々に発表しており、実質的に国全体の資産凍結に繋がるかも知れないでしょう。

バンビーノ
バンビーノ
ロシアの国内ではどんなことが起こっているの?
バンドッグ
バンドッグ
限られた物を国民が取り合う状態だな。価格は強制的にインフレ状態となり、どんどん上昇していくぞ。その為、ロシア国内では買い占めなどが多発しているようだ。
バンビーノ
バンビーノ
需給バランスが崩れたんだね。国際金融通信の遮断って恐ろしい😱

グローバル企業の撤退が止まらない?

global

2つ目はグローバル企業のロシア撤退が止まらない点でしょう。

先ほどもご紹介しましたが、グローバル企業であるマクドナルドやスターバックス、日本からもトヨタがロシア市場から撤退することを表明しています。

他にもナイキやイケアなどのグローバル企業が日々、撤退表明しているため、物資のインフレは止まらないようになると思われます。

まずは終戦・停戦することが第一ですから続報を待ちましょう。

【ランキング】テーマ型投資ブログの2月人気記事について 本記事はいつもと別の切り口で、直近のブログ閲覧ランキングから人気記事の傾向など一緒に見ていけたらなと考えています。 今回は...

中国が抱える問題とは?

時を同じくして中国企業の株価も大きく下落しています。

その理由は隣国、台湾を支配下に収めるという構想に基づく連想売りです。

中国にとって台湾統一は「偉大な中華民族の復興」を達成するための重要なピースとなっており、国家目標に位置付けられています

しかし、ロシアの経済政策を受けて、最近は台湾統一を再考しているようです。

当面は「様子見」が続くと見られますが、台湾侵攻が開始された際には隣国の日本も大きな影響を受ける可能性があるため、中国依存度が高い企業は事前にチェックしておく必要がありそうです。

この問題は株式市場全体に影響する可能性があるので気をつけたいですね。

【2022年版】なぜ円安・ドル高が止まらないのだろうか為替市場は円安が急速に進んでおり、1997年以来の大相場となっています。 円安が加速すると輸出を行う外需企業が為替差益を出すことが...

中国依存度が高い企業ランキング

続いては中国への依存度が高い上場企業を紹介します。

TDK【6762】

会社名TDK株式会社(証券コード:6762)
事業内容総合電子部品メーカー
所在位置東京都中央区日本橋2-5-1
設立日1935年12月
資本金326億円
代表取締役石黒 成直

TDK株式会社は総合電子部品メーカーとして、グローバルで活躍されています。

具体的にはセラミックコンデンサーにような受動部品からスマホ向け電池の提供など事業領域は多岐にわたります。

また、TDKは日本国内でもトップクラスの中国売上比率の高さを誇ります

2020年度の売上高実績においては中国比率が総売上高の53%に相当しています。

そのため、中国リスクが高まった際には大きく影響を受ける可能性があり、株価が下落する可能性が高いと言えそうです。

  • 2020年度の売上高:1兆3,818億円
  • 中国での売上高:7,324億円
  • 中国売上比率:53.0%

村田製作所【6981】

村田製作所(出典:村田製作所 公式Hpより抜粋)
会社名株式会社村田製作所(証券コード:6981)
事業内容総合電子部品メーカー
所在位置京都府長岡京市東神足1-10-1
設立日1950年12月
資本金326億円
代表取締役中島 規巨

株式会社村田製作所は積層セラミックコンデンサやWiFiモジュールなどを製造する大手部品メーカーです。

先ほど紹介したTDK株式会社と同じく、グローバルで活躍されているため、売上高のおよそ50%は中国向けの売上が占めています

TDKと比較しておよそ5倍の時価総額がありますので、中国リスクにはより敏感な反応を見せるかも知れません。

実際、過去2015年に中国株が大暴落した際には、村田製作所も関連企業として株価を大きく下げています。

バンビーノ
バンビーノ
外的要因で大きく下げた時には買い向かうチャンスかも!!
バンドッグ
バンドッグ
本当に中国への経済制裁が決定したら、同じこと言っていられないぞ。
バンビーノ
バンビーノ
「落ちるナイフ」は掴むなってやつだね。

日本ペイントホールディングス【4612】

日本ペイントホールディングス(出典:日本ペイントホールディングス 公式HPより抜粋)
会社名日本ペイントホールディングス株式会社(証券コード:4612)
事業内容総合塗料メーカー
所在位置東京都中央区京橋1-7-2 ミュージアムタワー京橋
設立日1881年3月
資本金6714億円
代表取締役若月 雄一郎/ウィー・シューキム

日本ペイントホールディングス株式会社は1881年創業の老舗企業です。

総合塗料メーカーとして日本・アジア・豪州などの地域で事業シェアNo.1という輝かしい実績のあるグローバル企業です。

塗料系の企業はあまり知らないよ…というかたもいらっしゃるかと思いますが、同社は海外売上比率が非常に高いことでも有名です。

2021年の実績においては、総売上高のおよそ70%を海外から稼いでおり、中国市場だけで総売上高の38%と非常に大きな割合を占めています。

過去には中国リスクが高まった際、株が大きく売られたこともあります。

そのため、日本ペイントホールディングスに投資を考える際は、世界情勢を注意深く見ることが求められます。

その他の関連銘柄

NFT 日本株
【日本株】NFTの基礎と関連企業(銘柄)を高額取引事例から学ぶNFT市場が世界各国で活況です。2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大から、個人投資家の仮想通貨取引が拡大し、世界中で億万長者が誕生...

総括

本記事では中国リスク(チャイナリスク)が高まった際に大きく影響を受けるであろう主要3銘柄を紹介させていただきました。

バンビーノ
バンビーノ
最後に本記事を書くのに当たって、参考にさせていただいた記事をご紹介させていただきます。

\優秀な企業分析なら『銘柄スカウター』/

「企業分析ツールは、どんなサービスが良いのだろう?」
という方は高機能な企業分析ツールが使える マネックス証券 がおすすめです。

マネックス証券

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

サラリーマン投資家部門でランキング上位を狙っています。
もし良ければ、応援をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

ABOUT ME
バンビーノ
大学生時代に投資を始めた個人投資家。株式投資を中心とした「銘柄」「資産運用」に関する情報を発信します。お仕事のお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。