資産運用

【第4回】夏のボーナス平均支給額はいくらなのか(2022年版)

こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。

公務員や民間企業にお勤めの方は、夏のボーナス支給が楽しみな時期となってきました。これから梅雨が明ければ、いよいよ夏シーズンが到来しますので、今度こそ旅行や趣味にお金をかけたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

もし、ご家族がいる方はお子さんの学費や住宅ローン、あるいは資産運用なども考えたりするのかもしれませんね。

本記事では、2022年夏のボーナス平均支給額を労務行政研究所の発表をもとに、昨年との比較などもお伝えします。ぜひ、最後までご覧ください。

STREAM

【2022年】夏のボーナスは平均でいくら?

まず、夏のボーナスは平均支給額でいくらなのか見ていきましょう。

①労務行政研究所の調査結果を確認する

今回は一般社団法人の労務行政研究所が公表している直近の調査結果をもとに、2022年夏のボーナス平均支給額を見ていきましょう。

今回参考にするのは「東証プライム上場企業の2022年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」です。

②夏のボーナスは支給額が増加傾向にある

夏ボーナスの平均支給額【2022年】(出典:労務行政研究所が公表する調査結果を抜粋)

早速、結論ですが2022年の夏ボーナス平均支給額は76万5,888円となります。

対前年同期比で見ると6.5%増加し、産業別では製造業が8.6%増、非製造業は0.1%減と業種ごとに大きく結果が分かれています。

産業別に夏のボーナス支給額をランキング化すると以下の通りです。

【業種別 平均支給額トップ10】

■1位 ガラス・土石 100万8237円(前年同期比11.7%増)
■2位 輸送用機器 87万9513円(5.6%増)
■3位 情報・通信 85万8750円(2.9%増)
・4位 精密機器  83万7500円(10.0%増)
・5位 建設    83万5000円(0.0%増)
・6位 電気機器  82万8510円(2.4%増)
・7位 鉄鋼    80万8333円(20.2%増)
・8位 ゴム    78万6000円(3.3%増)
・9位 化学    77万9568円(4.6%増)
・10位 非鉄・金属 76万3721円(13.2%増)

【前年同期比 支給額増加率トップ3】

■1位 鉄鋼(20.2%)
■2位 機械(16.5%)
■3位 非鉄・金属(13.2%)

【前年同期比 支給額減少率トップ3】

■1位 水産・食品(▲5.4%)
■2位 サービス(▲2.7%)
■3位 電力(▲0.8%)



③実際の手取りはいくらになる?

夏のボーナスは平均支給額が増加しているのは、なんだか夏のボーナスに期待が高まりますね。

しかしながら、ボーナスはそのまま手取りになるわけではありません。会社員の方ならお察しかと思いますが、税金を差し引いて残った金額が手取りになります。

差し引かれる内容の一例

・厚生年金
・介護保険
・住民税
・所得税 などなど

これはボーナスに限った話ではなく、毎月の給与でも差し引かれています。普段気にしない方はあまり実感がないかもしれませんが、会社員および公務員は多くの税金が引かれていることでしょう。

もし普段気にされていない方がいれば、だまされたと思って給与明細を確認してみましょう。もしかしたら想像以上に税金で天引きされているかも知れません。

④新入社員も夏のボーナスは支給されるのか

今年入社された新入社員の方は初めてのボーナスですね。

「研修途中でもボーナスって出るのかな」

そんな思いを持たれている方も多いと思いますので、新入社員が夏のボーナスをいくらもらえるのかについても紹介します。



(1)公務員の場合

公務員は新入社員でもボーナスが支給される傾向にあります。

しかし、民間企業と比較すると金額は少ないことが多いです。

(2)民間企業の場合

民間企業については働き先によって大きく異なります。

例えば、一律いくらという規則がある会社や全くでない会社も存在しています。

ちなみにボーナスは四半期の評価に基づいて支給されるものなので、まだ実績のない新入社員はボーナスが出ないと思っていた方が良いかもしれません。

バンビーノ
バンビーノ
新卒入社した企業では一律10万円支給された思い出があるよ。
バンドッグ
バンドッグ
雇用形態やエリアごとに支給額が異なる可能性があるから、あまり他人と比較しないようにしよう。

その他の関連記事

【第1回】20代のうちにやっておきたい「お金に好かれる仕組みづくり」とは?こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。 最近は資産運用する同世代も増えて、友人に投資の始め方を質問される機会が多くなりま...
ブログは会社員の副業に最適である3つの理由とは?
「ブログ」が会社員の副業に最適である3つの理由とは?こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。 新年度をきっかけに副業を検討される方が増えています。私も新年度をきっかけに202...
【厳選】お金の教養が学べるオススメ書籍(ビジネス・経済)こんにちは、バンビーノ(@ChiL707)です。 今回は「お金の教養を学ぶ」ことをテーマとして見たときに、私が実際に読んだ書籍から...
税理士ドットコム

総括

本記事は2022年夏のボーナス支給額に着目してみました。

一般的なボーナス支給時期は6月~7月とされていますので、今から楽しみですね。

本記事のまとめ

・平均支給額は増加傾向
・新卒入社でもボーナスがあるかも?
・税金が引かれるから覚悟しよう

最後までご覧いただきありがとうございます。

ABOUT ME
バンビーノ
20代サラリーマン投資家。早期FIREすることを目標にブログ・SNSを運営中。20代で資産1,000万円到達しました!仕事依頼はお問合せまたはTwitter DMよりお願い致します。